• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > イベント > その他施設 > 平成30年度 > 第36回野田市総合防災訓練「防災フェア」


ここから本文です。

第36回野田市総合防災訓練「防災フェア」

ページ番号 1017811 更新日  平成30年10月17日 印刷

イベントカテゴリ: 催し物・イベント

ポスター
防災フェアは、体験訓練や展示ブース、ステージ講演を通して防災を身につけられる参加型の防災訓練です。

日付

平成30年10月21日(日曜日)

開催時間

10時 から 14時 まで

会場

イオンノア店南側駐車場(くま駐車場)

内容

1.体験訓練、見学ブース

(1)  炊飯車両の展示

(2)  けむり体験、救出法指導、応急手当体験、消防団募集啓発、

          感震ブレーカー・住宅用火災警報器啓発

(3)  災害対策警察車両の展示

(4)  給水車の展示

(5)  降雨体験車による降雨体験

(6)  炊出し試食、避難所生活の工夫

(7)  災害用非常食の展示

(8)  災害用自動販売機のパネル展示

(9)  災害時のデンタルケア

(10)避難生活の健康管理

(11)障がいのある人への配慮に関する啓発

(12)避難行動要支援者支援計画及び家具転倒防止器具取付事業説明

(13)家庭での家具転倒防止対策

(14)ペットの災害対策

(15)災害時のガスの取扱い

(16)災害機器及び災害食レシピの研究発表

(17)災害用伝言ダイヤル体験、災害機器の展示

(18)災害時の通電火災対策

(19)住宅耐震化相談

(20)防災用品の展示、ロープワーク体験

(21)災害用備蓄品の展示、防災に関するアンケート

(22)災害用非常食等の展示

2.ステージ講演

(1)10時30分から

「福祉避難所の役割と障がいのある人への理解」

(2)11時40分から

「天気予報で天気の急変に備える」

(3)12時40分から

「災害時の医療」

突然やってくる地震に対応するための「シェイクアウト訓練」

10月21日9時に大地震が発生したと想定してシェイクアウト訓練を実施いたします。

「シェイクアウト訓練」は、2008年にアメリカで始まった新しい形の訓練で、同時刻に一斉に参加者全員が机の下に隠れるなどの身の安全を図る行動をとることによって、「自分自身の安全は自分で守る」ことを身につけ、災害があっても「ケガ」をしないことを基本に、身近な人を助けるなど地域防災力の強化を目的としています。

市は、10月21日(日曜日)9時にまめメールの防災情報で訓練への参加を呼びかけるメールを配信します。

ご協力をお願いします。

「まめメール」受信後、次の安全行動を実行してください

まず低く、頭を守り、動かない
シェイクアウト訓練の3つの行動

ドロップ(まず低く)

姿勢を低くする(強い揺れであなたがケガをする前に、まず体勢を低くして大きな揺れに耐えられるよう、体を支えましょう)

カバー(頭を守り)

体や頭を守る(机やテーブルの下に入り、頭を守りましょう。頭を守るものがない場合には、腕や荷物を使って、頭を守りましょう)

ホールド・オン(動かない)

揺れが収まるまでじっとする(揺れがおさまり屋外に出ても安全上問題ないと判断するまで室内に留まっておきましょう)

ポスター

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 防災安全課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7136-1779
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.