• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 安全・安心 > 防災 > 防災ハンドブック > 防災ハンドブック(家族との連絡方法)


ここから本文です。

防災ハンドブック(家族との連絡方法)

ページ番号 1008961 更新日  平成28年9月12日 印刷

災害時、最も心配になるのは家族の安否です。多くの場合、仕事や学校などで家族は日中離れて生活しています。人は誰しも家族の無事を確認できなければ安心できません。東日本大震災でも通信回線がつながりにくくなり、安否確認に手間取るケースがほとんどでした。大災害は、ライフラインのひとつである通信にも大きな打撃を与えます。しかし通信手段が全滅を免れてさえいれば、時間はかかっても安否情報を伝えることは可能です。その際に有効なのは、複数の通信手段を使って連絡が取れる確率を少しでも高めることです。

音声による連絡方法

災害用伝言ダイヤル171で声を残す(携帯電話や公衆電話からもかけられます)

録音
1 171をダイヤル
2 1を押す
3 被災地の方の固定電話の電話番号を入力する
4 1を押す
5 録音する(30秒以内)
6 9を押す
再生
1 171をダイヤル
2 2を押す
3 被災地の方の固定電話の電話番号を入力する
4 1を押す
5 再生する

メリット

災害時に比較的つながりやすい。固定電話だけでなく携帯電話や公衆電話からもかけられる。

デメリット

被災地の固定電話からの利用が優先されるため、被災地外からはつながりにくいこともある。

公衆電話を使う

災害時、公衆電話は一般回線より優先的に回線が確保されます。また、災害時には被災地の公衆電話は無料で使えます(国際電話は使えません)。ただし、旧型の公衆電話(グリーンの本体とシルバーのボタン)の場合、10 円玉かテレホンカードを入れないと電源が入りません。被災地以外で使用する場合も、テレホンカードや10円玉を持っていると便利です。

メリット

固定電話や携帯電話がつながらないときの連絡手段として使用できる。

デメリット

近年、公衆電話の数が減っている。災害時は人が押し寄せる。

携帯電話回線やインターネット回線を使った新しい連絡方法

Twitter ツイッター

個々の利用者が短い文章を投稿し、閲覧できる無料サービスです。投稿や閲覧は携帯電話、パソコンやスマートフォンから可能です。

メリット

災害時、比較的つながりやすい。携帯電話に限らずパソコンから投稿や閲覧ができる。他の利用者にダイレクトメッセージが送れる。

デメリット

使い慣れていないと、いざというときに使えない。

野田市安全安心メール「まめメール」

携帯電話やパソコンを利用して、「防犯」、「子ども安全」、「防災」、「光化学スモッグ」、「火災」、「消費生活」の情報をメールで配信しています。なお、通信料がかかります。登録方法は下記のホームページでご覧ください。

野田市災害情報公式ツイッター

災害情報専用の公式ツイッターを開設し、災害時の緊急情報を発信します。ツイッターのアカウント登録をしなくても、閲覧できますが、登録しフォローすることでより便利に利用できます。なお、通信料がかかります。

文字(パケット通信)による連絡方法

携帯電話のサービス災害用伝言板を利用

メリット

災害時に比較的つながりやすい。携帯電話だけでなくパソコンからも確認ができる。

デメリット

携帯電話を使い慣れていない人には不便。

携帯のバッテリーが切れると使えない。

注意

  • 登録は携帯電話からしかできません。
  • 確認は携帯電話とパソコンから可能です。

携帯電話のメールを活用

携帯電話のメールを活用するのも有効です。災害発生直後はつながりにくくなり、相手に届くまでに時間がかかりますが、自分の状況を随時送信しておくことで、災害用伝言板と同じ役割を果たします。

メリット

携帯電話の通話よりはバッテリーの消耗が少ない。

デメリット

災害発生直後はつながりにくい場合がある。

バッテリーが切れると使えない。

パソコンのEメールを活用

東日本大震災では、パソコン(インターネット)を使ったEメールは比較的届きやすく、多くの人に活用されました。

メリット

災害時、固定電話や携帯電話に比べて、比較的連絡をとりやすい。

デメリット

停電時はパソコンが使えない可能性が高い。

家族の集合場所を決めておきましょう

家族と連絡が取れず、自宅が被災した場合を想定し、家族で集合場所を話し合っておきましょう。万一のことを考えて複数の集合場所を決めておきましょう。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 防災安全課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7136-1779
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.