• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 福祉・介護 > 障がい者 > 障害者差別解消法


ここから本文です。

障害者差別解消法

ページ番号 1007603 更新日  平成28年12月1日 印刷

平成28年4月1日に障害者差別解消法が施行されました

障がいのある人とない人が分け隔てられることなく、お互いに人格と個性を尊重し合って共に暮らせる社会を目指して「障害者差別解消法」が4月からスタートしました。対象となるのは、国や地方公共団体などの行政機関、会社や商店などの民間事業者です。

不当な差別を禁止します

法律では、正当な理由がないのに「障がいがある」ということを理由に、サービスの提供を拒否することや、制限などをすることを禁じています。

たとえば、以下のような行為は禁止されます。

  • アパートの契約のとき、障がいのあることを伝えたら、それを理由に貸してもらえなかった。
  • 障がいのあることを理由に、スポーツクラブの入会を断られた。
  • 車いすだからという理由で、お店に入れなかった。

障がいのある方に必要な配慮を

この法律では、障がいのある方やその家族が暮らしの中で不便を感じているときに、できる限り配慮を行うとしています。

たとえば、以下のような配慮が必要です。

  • 聴覚に障がいのある方に対して、紙に書いたり、手話や身振り手振りなどで伝える。
  • 視覚に障がいのある方に対して、書類を渡すだけでなく、内容を読み上げる。
  • 知的障がいのある方に対して、資料にふりがなをつけたり、複雑な表現を使わずに説明する。

障がいを理由とする差別の解消の推進に関する野田市職員対応要領

障害者差別解消法第10条第1項に基づき、「障がいを理由とする差別の解消の推進に関する野田市職員対応要領」を策定しました。

対応要領は、「心のバリアフリー」を基本理念とし、法に基づき、何が差別に当たるのか、合理的配慮の提供とはどのようなものなのかを具体的に説明し、職員の障がいのある人への対応を定めたものです。

障害者差別解消法に関する相談窓口

野田市障がい者支援課

相談支援係
電話:04-7125-1111(内線 2161)
ファクス:04-7123-1095

千葉県障害福祉課

電話:043-223-1019 または 043-223-1020
ファクス:043-222-4133

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 障がい者支援課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1691
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.