• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 生活環境・まちづくり > 公共交通(鉄道・バス) > 連続立体交差事業に関するお知らせ


ここから本文です。

連続立体交差事業に関するお知らせ

ページ番号 1009782 更新日  令和1年5月1日 印刷

野田市駅前のヒマラヤスギ(松)について

現在、野田市駅西地区では、連続立体交差事業と一体的に都市基盤整備を目的とした土地区画整理事業を進めています。

駅前のヒマラヤスギについては、施行区域内にあり、区画整理事業の新設計画道路内にあることから、市では専門家である樹木医に「移植ができないか」の診断を依頼しました。その結果、「50年以上経過した老木であり、枯れ木補償ができないこと、移植時の根鉢も含め総重量25トン以上となり、横にもできないため、移植は非常に困難」とのことでした。そのため、「新たに苗木を育て遺伝子を残す」、「展示用に輪切り加工を行う」などの方法が考えられると、意見を頂きました。

市としては、樹木医の診断結果と意見を踏まえ、土地所有者の代表から構成される野田市駅西土地区画整理審議会に諮り、了解が得られたことから、遺伝子を残すべく、昨年12月に樹木医に依頼し、松ぼっくり(種子)を採取し、苗木を育てるため、経過観察をしながら大切に保管しております。また、伐採後の輪切り加工品については、高架駅の完成に併せて駅などに展示するなど、検討したいと考えています。

以上のとおり、ヒマラヤスギの移植は困難なことから、3月中旬から伐採を予定しておりますので、皆さんのご理解、ご協力をお願いいたします。

ヒマラヤスギ

高架橋工事(盛土)に伴う野田線第155号踏切の閉鎖について

この度、東武野田線連続立体交差事業において、清水公園駅南側工区の高架橋工事(盛土)に伴い、「野田線第155号踏切」の閉鎖が必要となり、自転車及び歩行者の通行ができなくなります。

近隣の皆さんにはご不便、ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

また、鉄道高架化に伴い、新たに迂回する道路を整備する計画となりますので、併せてお知らせいたします。

詳しくは、下記添付資料の「高架橋工事(盛土)に伴う野田線第155号踏切の閉鎖について(お知らせ)」、「野田線第155号踏切閉鎖概要」をご覧ください。

野田線第155号踏切の位置図
1.閉鎖する踏切 野田線第155号踏切
2.閉鎖開始予定 平成31年4月1日(月曜日)から閉鎖
3.迂回道路の完成予定
愛宕駅方面:令和4年(2022年)9月末
清水公園駅方面:令和6年(2024年)3月末

高架橋工事(盛土)に伴う野田線第171号踏切の閉鎖について

この度、東武野田線連続立体交差事業において、都市計画道路中根山崎線(通称、平成やよい通り)北側工区の高架橋工事(盛土)に伴い、「野田線第171号踏切」の閉鎖が必要となり、自転車及び歩行者の通行ができなくなります。

近隣の皆さんにはご不便、ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

また、鉄道高架化に伴い、新たに迂回する道路を整備する計画となりますので、併せてお知らせいたします。

詳しくは、下記添付資料の「高架橋工事(盛土)に伴う野田線第171号踏切の閉鎖について(お知らせ)」、「野田線第171号踏切閉鎖概要」をご覧ください。

野田線第171号踏切の位置図
1.閉鎖する踏切 野田線第171号踏切
2.閉鎖開始予定 平成31年4月1日(月曜日)から閉鎖
3.迂回道路の完成予定 令和3年(2021年)9月末

野田市駅・愛宕駅の駅舎デザイン決定

東武野田線(野田市)連続立体交差事業において、新たに高架駅となる野田市駅と愛宕駅の駅舎デザインが決定されました。

野田市駅は昭和初期に建築された旧野田町駅のレトロな雰囲気を継承しつつ、興風会館や千秋社など野田市の近代化産業遺産を象徴するようなデザインとなっています。愛宕駅はかつて醸造の街・野田の名声を高めた河川交通である江戸川の流れに、高瀬舟が帆を張って未来へ進んでいくイメージを表現しています。

詳しくは「東武野田線(野田市)連続立体交差事業ニュース第4号」をご覧ください。

駅舎デザイン

連続立体交差事業の進捗に伴う愛宕駅西口改札の閉鎖について

愛宕駅は、昨年度末に東口仮駅舎が開設されたことにより、東西で駅の改札口を利用していただいておりましたが、今後、現況駅舎の位置に高架駅を築造していく工事が本格化するため、支障となる西口改札や駅務室などの取り壊しが開始されます。

時期としましては、9月30日(日曜日)の最終列車後に西口改札を閉鎖し、10月1日(月曜日)の始発からは東口仮改札のみの利用となります。なお、高架切り替え後には駅東西からの利用が可能となります。

ご利用のお客様にはご不便をおかけいたしますが、高架切り替えによりバリアフリー化が図られますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

関連情報

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市部 都市整備課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1647
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.