• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 生活環境・まちづくり > 公共交通(鉄道・バス) > これまでの経緯 > 準備調査を実施し運行計画案を策定


ここから本文です。

準備調査を実施し運行計画案を策定

ページ番号 1002563 更新日  平成28年8月24日 印刷

準備調査を実施し運行計画案を策定

コミュニティバスについては、合併に関する参考資料集で概略ルートをお知らせし、住民説明会の場で、あるいは合併協議会事務局に住民の皆さんからたくさんのご意見をいただきました。
その後、合併後できるだけ早い時期の運行開始に向けて、準備調査を実施し、バスを運行するための条件や住民の皆さんからいただいたご意見を踏まえて検討を行い、運行計画案をまとめました。
準備調査では、新市の地理的な条件、すでに運行されている路線バスや新市の主要公共施設の配置状況、バス車両、バス停、料金、運行頻度、運行時間帯、バス車両台数、運行ルート距離などについて検討し、コミュニティバスの運行計画案をまとめました。
コミュニティバスの運行は、これまでも住民の皆さんから多くの要望がありましたが、合併による行政改革効果によってその財源を生み出せることから、実施に踏み切るものです。ただし、その財源には限りがあります。また、すでに運行している路線バスの運行に影響があってもいけません。これらの条件を踏まえつつ、住民の皆さんからの要望をできるだけ取り入れることに配慮して、運行計画案をまとめました。

基本方針

関宿地域から市役所等の公共施設へのアクセス性を高めるとともに、両市町の公共交通不便地域の改善を図り、新市の一体性の醸成及び均衡ある発展に資するため、コミュニティバスを運行する。

運行ルート設定の考え方

  • 関宿町から市役所までの南北方向の運行ルートを中心的ルートとし、野田市では東西方向のルートを設定する。
  • 路線バスとの競合を可能な限り避けた運行ルートとする。
  • 野田市役所へのアクセスを基本としつつ、幅広い利用者を集める公共施設を運行ルートに取り込む。
  • 幹線道路を基本としつつ、小型バスでも運行可能な車道幅員を持つ道路を選択する。
  • 運行ルート距離は、利便性向上と運行経費抑制のバランスを図りつつ、新市全体で50キロメートル前後を目安とする。
  • 具体的には、以上を踏まえ、合併説明会で示したとおり、関宿町南東部、野田市北東部、野田市南部に対して、3つの運行ルートを設定する。

サービス水準の考え方

バス停設置

県公安委員会のバス停設置基準等に沿いつつ、300メートルから500メートル間隔を目安としてバス停を配置する。

乗車運賃

市民が負担に感じることなく、気軽に利用できるよう、コミュニティバスの乗車運賃として定着しつつある100円均一制を採用する。乳幼児は無料とする。

運行時間帯

公共施設の利用に対応した輸送サービス提供に向けて、8時から18時まで運行する。

運行台数

北ルート(関宿地域から野田市役所)に2台、南ルート1(野田市北東部)、南ルート2(野田市南部)にはそれぞれ1台ずつ車両を投入する。

運行頻度

各ルートとも1日当たり5便往復は確保する。

導入車両

バリアフリーへの対応とともに、環境に配慮したクリーンで静かな車両を採用する。また、車道幅員の狭い道路もあることから、小型バスを中心に車両を選択する。

事業形態

規制緩和等の社会潮流に沿って、多様な事業形態の中から運行経費抑制につながる手法を採用する。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 企画調整課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1065
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.