• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 出産・子育て > 手当・助成 > 子ども医療費助成制度


ここから本文です。

子ども医療費助成制度

ページ番号 1000365 更新日  平成30年8月1日 印刷

医療費を負担する保護者に保険診療分の医療費の助成を行うもので、医療機関受診時に市が発行した「野田市子ども医療費助成受給券」(以下受給券という)を保険証とともに県内の医療機関の窓口に提示すると、3歳まで(4歳になる日の月末まで、1日生まれは誕生日の前月末まで)のお子様は通院、入院、調剤が無料(平成30年8月1日診療分から)、その翌月から(4歳になる日の属する月の翌月から)は原則として通院1回、入院は1日につき300円の自己負担だけになる制度です。ただし、市町村民税非課税世帯及び均等割のみ課税世帯は無料です。
受給券はお子様の出生届や転入届の提出時に申請をして交付を受けてください。

受給資格は、転入や出生などで野田市の住民となった日から1か月以内に申請をすれば、その日から有効となります。ただし、1か月を過ぎて申請した場合は、申請書を提出した日から有効となります。

なお、受給券は毎年8月に更新となります。(7月末に新しい受給券を郵送します。)

3歳までの通院費・入院費が無料に制度拡充

これまで、原則として通院1回300円、入院1日300円の 自己負担金としていた子ども医療費を平成30年8月1日診療分から3歳まで(4歳になる日の月末まで、1日生まれは誕生日の前月末まで)医療費自己負担金を無料とする制度拡充を行います。

対象となる方には、平成30年8月1日より使用できる、通院、入院、保険調剤の自己負担金を無料とした受給券を7月下旬に送付いたします。

また、今回の制度拡充の対象となる3歳のお子様の受給券の有効期限が4歳になる日の月末(1日生まれは前月末まで)の方は、受給券の有効期限が切れる月の月末に通院1回300円、入院1日300円の自己負担金とした受給券を郵送します。

助成対象者

野田市に住民登録があり、医療保険に加入している0歳から中学3年生までの子ども
(生活保護世帯で、医療費が助成される子どもは対象になりません)

助成内容

対象年齢

0歳から中学3年生までの入院費・通院費・調剤費

助成対象

入院費、通院費、調剤費のうち医療保険が適用となる保険診療の一部負担金額
注:総医療費の2割(小学校就学前)または3割(小学生以上)をいいます。

自己負担額

0歳から4歳になる日の月末まで(1日生まれは誕生日の前月末まで)
通院:無料 入院:無料 保険調剤:無料

4歳になる日の属する月(1日生まれは誕生日の前月)の翌月から中学3年生まで
通院:1回につき300円 入院:1日につき300円 調剤:無料
注:ただし、市町村民税非課税世帯及び均等割のみ課税世帯は無料になります。

対象外となる費用

  • 医療保険が適用されないもの
    (予防接種、健康診断、薬の容器代、差額ベッド代など)
  • 交通事故など第三者行為による医療費、学校内での傷病などで独立行政法人日本スポーツ振興センター法に規定する災害共済給付が適用される医療費

受給券の申請手続きに必要なもの

  • 健康保険証のコピー(子どもの名前が記載されたもの)
  • 印鑑(認印)
  • マイナンバー(申請者及び配偶者)
    個人番号カード、通知カード、個人番号記載の住民票の写し
    注:通知カード及び住民票の写しの場合は本人確認書類の提示が必要となります。

申請窓口

  • 野田市役所児童家庭課、関宿支所
    認定申請、変更届、再交付、助成金交付申請(償還払い)
  • 南・北・中央の各出張所
    認定申請、助成金交付申請(償還払い)

受給券が使えない場合の助成方法

次のような場合に医療機関の窓口で支払った医療保険の自己負担分については、後日、償還払い方式による助成となります。

  1. 千葉県外など、この制度を取り扱わない医療機関で受診した場合
  2. 受給券を医療機関に提示できなかった場合
  3. 補装具(保険の給付対象となるもの)を購入した場合
  4. 公費の自己負担金(本制度対象分)を支払った場合 など

償還払いの申請について

申請先

  • 市役所児童家庭課
  • 関宿支所
  • 南・北・中央の各出張所

必要なもの

  • 野田市子ども医療費助成金交付申請書(窓口に備え付けてあります)
  • 野田市子ども医療費助成受給券
  • 医療機関の領収書原本(診療明細、子どもの氏名、保険点数、診療年月日、医療機関名が記載されているもの)
  • 印鑑(認印)
  • 振込先の通帳(保護者名義のもの)
  • 子どもの保険証
  • 高額療養費、付加給付支給(不支給)決定通知書の写し
    (医療費が21,000円を超えた場合、保険組合からの還付の有無が確認できるもの)

申請期限

医療費を支払った日の翌日から起算して2年以内です。
(受給資格を認定されている期間内のものが助成の対象です。)

子どもの住所や保険証などが変わる場合の届出

市内での転居や転職等により、住所、保険証等に変更があった場合や受給券を紛失した場合には、手続きが必要です。下記の書類をお持ちいただき、窓口で手続きしてください。

  • 市内で転居するとき
    必要な書類:受給券、印鑑
  • 市外へ転出するとき
    必要な書類:受給券
  • 保険証が変わったとき
    必要な書類:受給券、印鑑、保険証
  • 子どもの名前が変わったとき
    必要な書類:受給券、印鑑、
  • 受給券を紛失したとき
    必要な書類:印鑑、子どもの保険証

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

児童家庭部 児童家庭課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1093
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.