• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 結婚・出産・子育て > 手当・助成 > ひとり親家庭等日常生活支援事業


ここから本文です。

ひとり親家庭等日常生活支援事業

ページ番号 1000370 更新日  平成28年6月6日 印刷

ひとり親家庭、寡婦の皆さんが急に病気になったときや、自立のための通学、就職活動のときなどに家庭生活支援員を派遣して皆さんに代わり、子どもの保育や家事など日常生活の支援を行う制度です。

利用できるとき

  1. 自立促進に必要な事由(技能習得のための通学・就職活動など)
  2. 社会的事由(疾病、出産、看護、事故、災害、冠婚葬祭、失踪、転勤、出張や学校等の公的行事への参加など)により一時的に生活援助、保育サービスが必要なとき
  3. 就業上の理由により、帰宅時間が遅くなる等の場合(所定内労働時間の就業を除く)に定期的に生活の援助または保育サービスが必要なとき
  4. ひとり親家庭になっておおむね6か月以内の家庭などで、日常生活を営むのに支障が生じているとき(保育所待機児童となっている場合など)

サービスの内容

  1. 生活援助
    利用者の自宅での子どもの保育、食事の世話、住居の掃除、身の回りの世話、生活必需品などの買物、医療機関との連絡など
  2. 子育て支援
    家庭生活支援員の自宅などでの子どもの保育

利用時間

  1. 6時から22時まで
  2. 年中無休(12月29日から翌年の1月3日を除く)

利用料金

利用家庭の区分

  • 生活保護世帯・市町村民税非課税世帯
    利用者の負担額(1時間当たり)
    生活援助:0円
    子育て支援:0円
  • 児童扶養手当支給水準の世帯
    利用者の負担額(1時間当たり)
    生活援助:150円
    子育て支援:70円
  • その他の世帯
    利用者の負担額(1時間当たり)
    生活援助:300円
    子育て支援:150円

ただし、子育て支援については次のとおりとなります。

  1. 児童数に応じた負担額とし、2人以上の児童一人につき児童一人の場合の負担額に0.5を乗じて得た額とします。
  2. 利用者の自宅における場合は、「生活援助」の負担額となります。
  3. 10円未満の端数が生じた場合には、切り捨てます。

申し込み

  1. 家庭生活支援員派遣等対象家庭登録申請書を提出し、派遣対象家庭の登録をします。
  2. 実際に派遣が必要なときは、母子家庭等日常生活支援申請書を提出します。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

児童家庭部 児童家庭課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1093
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.