• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 結婚・出産・子育て > 手当・助成 > 母子家庭等高等職業訓練促進給付金等支給事業


ここから本文です。

母子家庭等高等職業訓練促進給付金等支給事業

ページ番号 1000371 更新日  平成28年6月6日 印刷

看護師や介護福祉士等の資格取得のため、1年以上養成機関で修学する場合に、一定期間「高等職業訓練促進給付金」を支給するとともに、養成機関への入学時の負担を考慮し「修了支援給付金」を修了後に支給することにより、生活の負担の軽減を図り、資格取得を容易にします。

対象となる資格

保健師、助産師、看護師、理学療法士、作業療法士、理容師、美容師、保育士、介護福祉士、製菓衛生師、調理師などの国家資格

1.高等職業訓練促進給付金

支給対象者

市内に在住する母子家庭の母または父子家庭の父親であって、養成機関で修学する期間において、次の要件をすべて満たす方
注:平成25年度入学生から父子家庭の父も対象となりました。

  1. 児童扶養手当の支給を受けているかまたは同様の所得水準にある方
  2. 対象資格を取得するため、養成機関において1年以上のカリキュラムを修学し、対象資格の取得が見込まれる方
  3. 仕事または育児と学業の両立が困難であると認められる方
  4. 過去に高等職業訓練促進給付金を受給していない方

支給額

  • 市町村民税非課税世帯:100,000円
  • 市町村民税課税世帯:70,500円

支給期間

  • 平成28年4月1日以降に修業を開始する方:修業期間のうち、最大36か月
    (平成28年4月1日時点で修学中の方も含む)

申請方法

  1. 支給申請前に児童家庭課の母子・父子自立支援員に相談してください。
  2. 支給を受ける方は、修学時に申請書を提出してください。
  3. 支給決定後、毎月10日までに請求書を提出し、修了時まで毎月給付となります。

2.修了支援給付金

支給対象者

養成機関におけるカリキュラムを修了した方で、カリキュラムの修了日における市の高等職業訓練促進給付金の受給者となります。ただし、修学を開始した日において、母子家庭の母または父子家庭の父であって、児童扶養手当法の支給を受けているかまたは同様の所得水準にある方となります。

支給額

  1. 対象者及び当該対象者の同居親族の方が市町村民税非課税世帯(注1)の場合は50,000円
  2. 対象者及び当該対象者の同居親族の方が市町村民税課税世帯(注2)の場合は25,000円
    注1:修了日の属する月の属する年度分(4月から7月までに支給の請求をする場合には前年度分)
    注2:19年度までに入学している方は、対象となりません。

支給手続き

  1. 修学期間の修了日から起算して30日以内に申請書を提出します。
  2. 支給決定後、請求書を提出することで修了支援給付金が支給となります。

注意

対象者及び当該対象者の同居親族の方の市町村民税の課税状況が変ったとき等は届出が必要です。また、父子家庭の修了支援給付金は平成25年度以降に修学を開始した方が対象となります。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

児童家庭部 児童家庭課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1093
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.