• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 教育・文化 > 文化 > 指定文化財一覧 > 県指定 > 野田のつく舞(のだのつくまい)


ここから本文です。

野田のつく舞(のだのつくまい)

ページ番号 1000560 更新日  平成27年1月30日 印刷

野田のつく舞の写真

上・仲・下町の野田三か町の夏まつり(7月中旬)の中日に演じられる民俗行事で、水神信仰にもとづく雨乞の神事ともいわれています。
先端に一斗樽をかぶせた、高さ14.5メートルの白木綿で巻かれた柱を立てて、「ジュウジロウサン」と呼ばれる白装束に雨蛙の面を被った演者が、柱や樽の上、柱から張った綱の上などで軽業を演じるものです。
「愛宕神社年暦」によれば、享和2年(1802)に野田町と山崎村で行われたのが始まりといわれています。
演じられる場所は、上・仲・下町の「津久年番」によって変わります。
平成5年に千葉県の『無形民俗文化財』に指定され、平成11年には国の『選択無形民俗文化財』となりました。

  • 所在地
    野田市野田
  • 交通アクセス
    まめバス「南、新南(花井経由)ルート・キッコーマン前」下車徒歩約2分
    茨急バス「キッコーマン前」下車徒歩約2分

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

生涯学習部 社会教育課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1366
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.