• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > お知らせの一覧 > 生活環境(ごみ・環境・消防など) > 今年も野田生まれのコウノトリ2羽を平成28年6月4日に放鳥


ここから本文です。

今年も野田生まれのコウノトリ2羽を平成28年6月4日に放鳥

ページ番号 1008367 更新日  平成28年5月23日 印刷

コウノトリの幼鳥を平成28年6月4日に放鳥

 平成28年3月26日、28日にコウノトリが2羽誕生し、「こうのとりの里」で元気に過ごしています。
 市では、文化庁から試験放鳥の許可を得たことから、昨年に続きこの2羽についてコウノトリの試験放鳥を行います。
 放鳥を予定している6月4日には、午前中に放鳥式の開催も予定しています。

6月4日は午後から「こうのとりの里」を開館

 放鳥式を開催する午前中は混雑が予想されることから、関係者以外は入場できません。
 なお、午後は通常どおり13時から15時まで開館いたします。

報道関係の皆さまへ

 取材は事前受付といたします。
 詳細につきましては、下記添付ファイルをご参照ください。
 なお、取材についての問い合わせ先は、企画財政部 秘書広報課になります。

コウノトリの試験放鳥

 市は国の特別天然記念物であるコウノトリの野外への放鳥について、平成28年度は、兵庫県立コウノトリの郷公園もしくは多摩動物公園から有精卵を譲り受け、孵化させ放鳥個体とすることとし、コウノトリの血統を配慮した繁殖可能な個体からの卵を導入し、托卵によりふ化したヒナを放鳥予定個体として準備を進めてきました。

 兵庫県立コウノトリの郷公園から譲り受けた有精卵が無事孵化し、ヒナも順調に生育していることから、今年もソフトリリースによる放鳥を行う予定です。

 試験放鳥の期間については、当面平成27年から平成29年までの3年間を予定しており、個体モニタリングや環境への適応についての検証を行いながら、放鳥個体の定着を目指します。

幼鳥2羽
「こうのとりの里」で元気に過ごしている2羽の様子

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

自然経済推進部 みどりと水のまちづくり課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1195
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.