• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

野田市の魅力発信事業を公募

ページ番号 1009806 更新日  平成29年2月1日 印刷

野田市では、豊かな自然の中で市民が生活し、子どもたちが伸び伸びと育っていくことを願い、生物多様性・自然再生の取り組みを積極的に推進しています。

この取り組みは、市民だけでなく、市外の方々にとっても「住みやすいまち」「子育てしやすいまち」「安全安心に暮らせるまち」として、野田市に魅力を感じてもらえるものと考えています。

そこで、「生物多様性」をキーワードとして、野田市の魅力発信事業(イベントや情報発信など)の企画を公募します。

趣旨

野田市は、生き物がたくさんいる自然を取り戻し、子どもたちに豊かな自然を残したいと考え、これまで農薬や化学肥料をできるだけ使わず、玄米黒酢による米づくり(黒酢米)や、田んぼと水路をつなぐ魚道の整備など、里地・里山の自然を再生する生物多様性の取り組みを進めてきました。現在、カエル、ドジョウ、ホタルなどたくさんの生き物が戻ってきています。

野田市は、自然再生・生物多様性のシンボルとして、かつて国内各地で見られ、里山周辺の田んぼの食物連鎖の頂点に位置していたコウノトリを飼育し、野生復帰を目指しています。コウノトリも棲める環境は、餌となる多くの生き物を育むとともに、私たちにとっても安全・安心に暮らせる環境といえ、このような取り組みをしている野田市は、市民だけでなく、市外の方々にとっても、「住みやすいまち」、「子育てしやすいまち」、「安全安心に暮らせるまち」といった魅力を感じてもらえるものと考えています。

さらに、野田市の財産は、豊かな自然だけではありません。利根川、江戸川、利根運河に囲まれ、古くから川の恵みを活用し、北部は大都市江戸への玄関口であり、重要な川の関所が設けられた関宿藩の城下として、南部は江戸っ子の食文化を支えた醤油醸造業を中心に、文化と歴史豊かに発展してきました。

野田市は、この豊かな自然と歴史、食文化が調和しながら発展してきた市の魅力を最大限に活かし、地域づくりを行いたいと考えています。同時に、地域づくりには市民の皆さんに参加していただくことが重要とも考えています。

そこで、市民参加によるシティプロモーション事業企画を公募し、野田市の自然再生・創出の取り組みに、歴史と食文化をからめながら、野田市ならではの魅力や埋もれていた魅力を市内外に発信することとしました。

応募できる方

市内に住所がある方、市内に事務所または事業所がある方、市内に通勤・通学している方であれば、個人、団体を問わず応募できます。団体の法人格などは不要です。市税の滞納がある方、暴力団または暴力団員等の方は応募できません。

対象となる事業

  1. 豊かな自然を再生、創出する野田市の取り組みにスポットを当てた事業(A)
  2. 野田市の歴史にスポットを当てた事業(B)
  3. 野田市の食にスポットを当てた事業(C)
  4. 上記のそれぞれを組み合わせた事業(AとB、AとC、BとC、AとBとC)

であって、かつ、次の2つの条件を満たす事業です。

  • 平成29年6月1日以降に実施する事業で、平成30年3月31日までに事業を完了し、事業報告と収支決算報告を行うことができる事業
  • 新たに実施する事業または既存事業を拡大して実施する事業(既存事業の補助対象となるのは、拡大部分のみ)

対象外となる事業

  • 公序良俗に反する事業
  • その他市長が不適当と認める事業

対象となる経費

対象となる経費は、次のとおりです。

1.市が実施する事業

事業実施に要する経費とします。

2.提案者が実施する事業

事業実施に要する経費のうち、下表に掲げるものです。

経費一覧
 

費目

主なもの

1

報償費

講師・専門家等への謝礼等

2

旅費

交通費、宿泊費

3

需用費

消耗品費(1件1万円未満)、資材等の購入費、チラシ・ポスター等の印刷製本費等

4

役務費

郵便や電話料や宅配便等に要する経費、保険料等

5

使用料及び賃借料

会場使用料、車両・物品・器具等のレンタル・リース料等

6

その他経費

その他市長が必要と認める経費

ただし、次に掲げるものは、対象となりません。

  • 応募者または応募団体の構成員に対する人件費や謝礼
  • 応募者または応募団体等による飲食費
  • 応募団体の事務所等を維持するための経費
  • 応募団体の運営に関する事務費等の経常的な経費
  • 財産の取得に係る経費、1件1万円以上の備品購入費
  • その他市長がふさわしくないと認める経費

事業費

企画数、採用数に関わらず、全体で200万円を上限とします。

応募方法

平成29年2月13日(月曜日)から3月31日(金曜日)までに、以下の書類を作成して市役所3階企画調整課まで持ち込みまたは郵送してください(2部提出)。

なお、3月21日(火曜日)まで、企画調整課で事前相談を受け付けますので、ご希望の方は下記までご連絡ください。

このほか、団体の場合は、団体の概要を説明する書類(任意様式)を提出してください。

選考方法

4月下旬に応募者から提案内容をプレゼンテーション(10分以内)していただきます。生物多様性庁内推進会議において、提案された企画書及びプレゼンテーションをもとに、事業計画の実現性、事業の費用対効果を勘案しながら、予算の範囲内で、実施する事業及び事業費を選定し、これをもとに市長が決定します。

事業の実施方法

事業内容及び市との役割分担に応じて、市が実施するか、または市が補助金を交付して応募者が実施します。

その他

提案が採用されるか否かに関わらず、応募者への謝礼は一切ありません。

また、応募いただいた方の個人情報につきましては、野田市の魅力発信事業に関すること以外には使用しません。応募いただいた書類の返却はいたしませんので、ご了承ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 企画調整課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1065
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.