• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

エノコログサ(狗尾草)(イネ科 エノコログサ属)

ページ番号 1011035 更新日  平成29年8月9日 印刷

エノコログサ(狗尾草)(イネ科 エノコログサ属)

エノコログサの図鑑

 

 

自生環境

道ばた、空き地、河川敷など

原産地

日本在来

特徴

  • 道ばたや空き地、河川敷など、日あたりがよく乾燥した場所に多く見られます。草丈は数十cm程度ですが、乾燥の著しい場所では10cmにも満たない大きさで穂を出している姿も見かけます。
  • 穂は剛毛が多く、その色は緑色です。時に紫がかった色の剛毛をつける株もあり、これはムラサキエノコログサと呼ばれます。穂は直立し、ほとんど垂れ下がらない傾向があります。
  • 葉は山菜として利用できますが、シュウ酸を含むためにかじると酸味を感じます。
  • エノコログサは雑穀のアワの原種と考えられています。剛毛が多く、食べるツブツブの部分(小穂)も小さいため、アワほど美味ではありませんが、炒めると香ばしく、食べることは可能です。

の画像その1。外側の皮は先まで覆うためむけて見えることはない。穂はあまり垂れない。

エノコログサの画像その2。品種・ムラサキエノコログサ。穂の剛毛は紫がかった色。

エノコログサの画像その3。穂の枝分かれいろいろ。

二又、三又の穂

エノコログサの穂は、ふつう枝分かれせずに1本のふさふさとしたしっぽのように見えます。ところが、何らかの理由で途中から枝分かれして、二又や三又の穂ができることもあります。ときに四又、五又…と、数多く枝分かれすることもあります。4つ葉のクローバーと同じような感覚で、こういう穂を探してみるのも面白いです。

市内の分布状況

市内全域、どこにでも生えています。特に多いのは道ばたで、日あたりがよく、乾燥したところにたくさん見られます。

市内の分布状況の図

生育を脅かす要因

今のところ特に無し。

身近な場所にごく普通で、今のところ絶滅の心配はありません。
しかし目の敵にしすぎるのは考えもの。地域に咲く野の花として、やさしく見守る気持ちを大切にしたいところです。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

自然経済推進部 みどりと水のまちづくり課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1195
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.