• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

タイヌビエ(田犬稗)(イネ科ヒエ属)

ページ番号 1011661 更新日  平成29年9月11日 印刷

タイヌビエ(田犬稗)(イネ科ヒエ属)

タイヌビエの図鑑

自生環境

水田周辺 など

原産地

日本在来

特徴

  • 水田や河川敷、池や沼の周りなどの水辺に生えます。特に水田の中に多く生え、昔から稲作の強害雑草として知られています。除草剤への耐性も持っています。
  • 草丈は大きいものでは大人の背丈くらいになります。葉は白くてかたい縁取りがあり、うっかりさわると肌を切ってしまうほどです。若い苗はイネに擬態していて、稲刈りの前になると一気にのびて穂を出し、あっという間に結実して種子を落とします。
  • 本種やイヌビエ、ヒメイヌビエ、ヒメタイヌビエは野生種のヒエで、総称してノビエ(野稗)と呼ばれています。雑穀として食用になるヒエは、ノビエ類から改良したものです。

タイヌビエの画像その1。稲刈り前、水田の中からにょきっと穂が顔を出す。

タイヌビエの画像その2。穂の色、芒の長さは株によってちがう。葉はかたくて全体にがっしりしている。

タイヌビエの画像その3。葉の縁は白くてぶあつい。

水田専門のヒエ

ノビエ(野稗)の中でも、タイヌビエは水田専門の種類と言えます。田植え後に芽を出しますが、種子の発芽時に酸素は不要で、水没した状態から育ちます。また、青田のころは姿かたちがイネにそっくりで、草むしりの手をうまくかいくぐっています。近年は除草剤への耐性も身につけています。穂が出ると目立ちますが、結実するまではあっという間で、抜かれる前に来年用の種子を落とします。

市内の分布状況

市内全域にごく普通に生えています。特に多いのは水田地帯や河川敷などの水辺環境です。

市内の分布状況の図

生育を脅かす要因

今のところ特になし

とても丈夫で数も多く、今のところ保護の必要はありません。ただ、人間活動の影響を強く受ける場所に生えるため、長期的な個体数の増減への留意は必要です。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

自然経済推進部 みどりと水のまちづくり課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1195
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.