• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

ヨシ(葦)(イネ科ヨシ属)

ページ番号 1012393 更新日  平成29年11月27日 印刷

ヨシ(葦)(イネ科ヨシ属)

ヨシの図鑑

 

 

自生環境

河川敷、湿地 など

原産地

日本在来

特徴

  • 河川敷や池・沼のまわりなど、水辺にごく普通に生えています。群生することが多く、ヨシ原と呼ばれる環境をつくりだしています。ヨシ原はいろんな生きものたちの生活の場として、重要な役割を担っています。
  • 地下茎をどんどん伸ばして、旺盛に繁殖していきます。洪水や天地返しなどで土がかき混ぜられても、ちぎれた地下茎からすぐに再生できる能力を持っています。
  • 夏の終わりごろから穂を出しはじめます。この穂は晩秋に成熟し、綿毛つきのタネをたくさん飛ばします。冬になると地上の茎は枯れますが、これを利用して作ったすだれを葦簀(よしず)と言います。

ヨシの画像その1。花期の穂。花が地味なのでなかなか気づきにくい。

ヨシの画像その2。タネは綿毛があり、風でふわふわ舞う。

ヨシの画像その3。葉の縁でうっかり手を切らないよう気をつけよう。

悪しから良しに

「スルメ」を「アタリメ」と言うように、縁起の悪い言葉を連想させるものを、縁起の良いものに呼びかえることがあります。 じつはヨシもこの手の呼びかえが定着したものです。ヨシはもともとアシと呼ばれていました。その語源には「青し」「桿(ハシ)」など、いくつかの説があります。いずれにせよ音が「悪し」を連想させるため、それを嫌って対義語のヨシ(良し)がをあてられました。

市内の分布状況

水辺の環境を代表する草です。市内全域の湿地や河川敷などで、ごく普通に見ることができます。

市内の分布状況の図

生育を脅かす要因

今のところ特になし

いたるところにごく普通で、今のところ絶滅の心配はありません。ただ、水辺は埋め立てなどの影響を受けやすいので、気づいたら激減していた、とならないようにしたいものです。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

自然経済推進部 みどりと水のまちづくり課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1195
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.