• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

スギ(杉)(ヒノキ科 スギ属)

ページ番号 1012568 更新日  平成29年12月18日 印刷

スギ(杉)(ヒノキ科 スギ属)

スギの図鑑

 

 

自生環境

山林

原産地

日本在来

特徴

  • 日本固有種で、本州から九州、そして屋久島にかけての山地の沢沿いに自生しています。また材木用の樹種として重要であるため、各地の山々に人工的に植えられています。
  • 常緑の針葉樹で、幹はまっすぐに伸びて樹高は50mにもなります。2月から4月頃にいっせいに開花し、風媒花であるため大量の花粉を空中に撒き散らします。そのため春の花粉症の最大の原因植物になっています。
  • スギは古来マキ(真の木の意味)と呼ばれていました。現代ではマキというとイヌマキ(マキ科)のことを指します。スギの名前は、まっすぐと立つ姿からきていると考えられており、直木(スキ)、すくすくと立つ木などいくつかの説があります。

スギの画像その1。幹はまっすぐのびる。

スギの画像その2。雄花は枝先に集まってつく。種子は球果のすき間からこぼれ落ちる。

スギの画像その3。樹皮は縦にうすくはがれる。葉は先がとがった針のようなかたちで、らせん状につく。

スギの果実?

スギの枝先を見ると、いがいがとした丸い「実」がついていることがあります。この実は、成熟するとうろこ状の部分が開いて、そのすき間から種子がこぼれ落ちていきます。しかしスギは裸子植物なので、花に子房はなく、子房が成長してできる果実に相当するものは存在しません。この「実」のようなものは果実ではなく、正式には球果と呼ばれる「松かさ」のようなものです。

市内の分布状況

市内全域で、山林を構成する樹種として普通に見られます。ただ、市内のものは真の自生ではなく、植栽由来と考えられます。

市内の分布状況の図

生育を脅かす要因

  • 開発

市内のものの大半は植栽由来、つまり国内外来種としての性格が強いものです。生物多様性の観点からの保全は不要ですが、巨木は地域のシンボルとして大切にしたいですね。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

自然経済推進部 みどりと水のまちづくり課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1195
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.