• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

セイヨウアブラナ(西洋油菜)(アブラナ科アブラナ属)

ページ番号 1012926 更新日  平成30年1月23日 印刷

セイヨウアブラナ(西洋油菜)(アブラナ科アブラナ属)

セイヨウアブラナの図鑑

自生環境

土手、畑地、道ばた など

原産地

ヨーロッパ

特徴

  • アブラナの仲間はヨーロッパからユーラシア大陸に広く分布するもので、古くから栽培され、世界じゅうでさまざまな品種がつくりだされています。セイヨウアブラナは、アブラナとキャベツが交雑して誕生したものと考えられています。
  • 明治期にヨーロッパから導入されたものが野生化し、今各地で「菜の花」と呼ばれているものの多くが、このセイヨウアブラナです。葉は表面に白いロウを塗ったような感じで、やや厚みがあります。花期はふつう3月から4月頃ですが、それ以外の季節でもちらほらと開花している姿を見かけます。
  • 冬に根が大きく膨らんでカブのようになります。春の開花結実に向けて、養分を貯えたものですが、カブとは異なり、かたくて食用には向きません。

セイヨウアブラナの画像その1。花びらは4枚。十の字の形につく。葉の根もとは茎を少し抱く。

セイヨウアブラナの画像その2。花の後、棒のような果実が穂になってつく。この中に小さなタネがたくさん入っている。

セイヨウアブラナの画像その3。葉は厚みがあって、白い蝋のような物質で覆われる。冬の根はカブのように太くなる。

菜の花と言えば…

じつは、分類学上ナノハナ(菜の花)という種の植物は存在しません。アブラナ科アブラナ属に分類されるいくつかの種類をまとめて、そう呼んでいるだけなのです。その代表選手となっているのが、このセイヨウアブラナです。かつてはアブラナ(在来ナタネ)が栽培されましたが、今は少なくなりました。最近では、ハクサイの改良品種で冬のうちから咲く「寒咲き花菜」も人気上昇中です。

市内の分布状況

利根川や江戸川、利根運河の土手に特に多く、春は黄色い花のじゅうたんとなります。それ以外の場所でもいたるところで見ることができます。

市内の分布状況の図

予想される被害または生育を脅かす要因

  • 競合or駆逐

春に黄色い花畑となり美しいのですが、ほかの植物の生育場所はなくなってしまいます。また根が堤防を弱くする原因になるとして防災上の問題も指摘されています。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

自然経済推進部 みどりと水のまちづくり課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1195
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.