• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > お知らせの一覧 > 生活環境(ごみ・環境・消防など) > 環境省よりお知らせ「未登録の象牙はありませんか?」


ここから本文です。

環境省よりお知らせ「未登録の象牙はありませんか?」

ページ番号 1011883 更新日  平成29年10月6日 印刷

ご自宅に未登録の象牙はありませんか?(環境省よりお知らせ)

近年、アフリカでは象牙の採集を目的にしたゾウの密猟が続いていることから、 国際的に違法に採取した象牙が流通しないよう、象牙取引の管理の厳格化が求められています。
我が国では、「絶減のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)」を踏まえ、アジアゾウは昭和55年から、アフリカゾウは平成2年から「外国為替及び外国貿易法」により象牙の輸出入を規制しています。 また、国内でも平成7年以降 「絶減のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(以下、「種の保存法」)」に基づき、全形を保持した象牙(分割されていない一本牙。以下、「全形象牙」といいます。)等の譲渡し等を規制しています。
また、平成29年6月には、象牙製品等を取り扱う事業者に対する規制の強化(現行の届出制から登録制への変更、 更新制の導入、 違反した場合の罰則の強化等) を含む、 種の保存法の改正が行われています。

このような状況の中、環境省では全形象牙の国内在庫を把握することを目的として、平成29年8月31日より2年程度の予定で「象牙在庫把握キャンぺーン」を開始しました。

種の保存法では、全形象牙を所有しているだけであれば規制はありませんが、所有している全形象牙を譲渡し・譲受け等する際に(売買、貸し借りを含む)、事前に種の保存法に基づく登録をしていなかった場合には、個人では5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、またはその両方、法人では1億円以下の罰金が課せられる場合があります。

未登録の象牙をお持ちの方はまずご連絡を

環境省では、 国内にある象牙の在庫を把握しようとしています。

所持しているだけであれば違法ではありませんが、登録されていない象牙を売買したり、譲り渡しまたは、譲り受けたりすることは違法です。 未登録の象牙をお持ちの方は、 まずは下記までご連絡をお願いします。

連絡先

象牙在庫把握キャンペーン事務局・電話:03-6659-4660 (土曜日、日曜日、祝日を除いた10時から17時)

注意事項

  • 全形を保持した象牙のみが登録対象です。 印鑑やアクセサリーなど象牙製品は登録対象外です。
  • 所有者死亡による近親者への相続は、未登録の象牙であっても違法になりません。ただし、相続後に販売等をする場合にはあらかじめ登録が必要です。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

自然経済推進部 みどりと水のまちづくり課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1195
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.