• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > お知らせの一覧 > 生活環境(ごみ・環境・消防など) > とんとんみずき橋の訴訟に係る経過説明会の実施について


ここから本文です。

とんとんみずき橋の訴訟に係る経過説明会の実施について

ページ番号 1017263 更新日  平成30年8月6日 印刷

とんとんみずき橋の訴訟に係る経過説明会

先に、延期させていただきました「とんとんみずき橋の訴訟に係る経過説明会」を下記の通り開催しますので、ご案内いたします。

日時

平成30年8月25日(土曜日)13時30分から15時まで
平成30年8月26日(日曜日)10時から11時30分まで

会場

南部梅郷公民館 講堂(野田市山崎1154-1)

これまでの経過

市は、とんとんみずき橋の再築を求め、旧住宅・都市整備公団の一切の権利義務を継承した現在の独立行政法人都市再生機構(略称:UR)に全面的に責任があるとして係争してきました。
第1審の判決では、市の主張が全く認められず棄却されたため、東京高等裁判所に控訴しました。7月には、第1回目の公判が開かれると聞いておりましたところ、7月20日高等裁判所から、URが市に支払う解決金を1,700万円とする和解案が出されました。
代理人弁護士からは、裁判所との話し合いの中で、裁判官からの控訴審でも和解案を出すが、万一市が今回の和解交渉につかなければ、高等裁判所での判決も第1審と同様になるという話が出されたということで、実際の審査は、高等裁判所までですので、最高裁に上告しても却下されてしまうと考えられることから、市は和解か敗訴かの二者択一を迫られることになり、不本意ながらも和解交渉につくこととし、やむを得ず和解案を受け入れることにしました。
7月31日に市議会臨時会を招集し、和解受諾の議決をいただきました。その後、和解期日の8月2日には、裁判所に和解受諾を告げるとともに、UR側も和解を了承したことから、和解が成立しました。

今後について

市は、まずは腐朽が進んでいると思われる木造部分の速やかな撤去を行い、撤去後については現時点では白紙の状態ですが、橋の再築に係る市の考えは、和解により再築費用が市税による対応となるため、これはみずき地区だけの問題ではなく、市全体の問題となり、また財政状況からもその必要性について検討しなければならないと考えております。
上記の経過説明会において、近隣の皆さんからさまざまなご意見を伺い、今後の方向性を検討する際に参考とさせていただこうと考えています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

自然経済推進部 みどりと水のまちづくり課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1195
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.