• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 相談・届出・市税 > 市税 > 医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)


ここから本文です。

医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)

ページ番号 1009642 更新日  平成29年9月7日 印刷

医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)とは

この特例制度を利用するために必要なくわしい情報は、このページでお知らせいたします。

平成30年度課税分(平成29年所得分)より、所得税と個人住民税の所得控除に医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)が追加されます。

特定健康診査や予防接種など、下表の1から5に掲げる健康の維持増進及び疾病の予防への取組をしている方が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までに「スイッチOTC医薬品」を購入した場合、その購入費用のうち12,000円を超える額(最大88,000円)を所得控除できる特例が設けられました。

この特例が受けられるのは、平成30年度の市民税・県民税申告(平成29年分所得税の確定申告)からとなりますのでご注意ください
ただし、平成29年1月1日以降に購入するスイッチOTC医薬品が対象となるため、表を参照のうえ、必要書類などを保存しておいてください。

なお、この特例を受ける場合には従来の医療費控除を受けることができません。どちらか一方のみ適用を受けることができます

健康の維持増進

及び疾病の予防への取組

  1. 特定健康診査(いわゆるメタボ健診)
  2. 予防接種
  3. 定期健康診断(事業主健診)
  4. 健康診査(いわゆる人間ドックなど)
  5. がん検診
  • 1から5を受けたことを明らかにする書類が必要です。
    例えば、インフルエンザ予防接種の領収書や会社で受けた定期健康診断の結果通知表などです。くわしくはリンク先の厚生労働省のホームページ(一定の取組の証明方法について)をご覧ください。
「スイッチOTC医薬品」とは

医師の処方が必要だった医療用医薬品から転用(スイッチ)された、薬局のカウンター越し(Over The Counter)に購入できる市販の医薬品です。かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬、中性脂肪異常改善薬、コレステロール改善薬など約1,600種類がリンク先の厚生労働省のホームページ(セルフメディケーション税制対象品目一覧)に挙げられています。

  • 平成29年1月1日以降に購入するスイッチOTC医薬品が対象となりますので、(1)医薬品名、(2)金額、(3)当該医薬品がセルフメディケーション税制対象品である旨、(4)販売店名、(5)購入日が明記されたレシートや領収書等を保存しておいてください。

この特例制度の詳しい内容について

この特例制度を利用するために必要なくわしい情報は、このページでお知らせいたします。

現時点(平成29年8月現在)におけるこの特例制度の内容については、下記をご参照ください。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について(厚生労働省ホームページ) (外部リンク)

特定一般用医薬品等購入費を支払ったとき(医療費控除の特例)【セルフメディケーション税制】(国税庁のホームページ) (外部リンク)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 課税課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1718
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.