• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

平成27年度市・県民税から適用となる主な税制改正について

ページ番号 1003797 更新日  平成27年1月28日 印刷

住宅借入金等特別控除の延長、控除限度額の拡充

住宅借入金等特別控除の延長、控除限度額の拡充
市・県民税の住宅借入金等特別控除について、居住開始年月日の適用期限が平成25年12月31日から平成29年12月31日まで4年間延長されました。
また、このうち平成26年4月から29年12月までに居住の用に供した場合、控除限度額が拡充されることとなりました。

  • 市・県民税の住宅借入金特別控除とは
    次の(1)、(2)のいずれか小さい金額が、市・県民税の控除額となります。なお、いずれかの金額が0円となる場合は、市・県民税の住宅借入金特別控除は適用できません。
    (1)所得税の住宅借入金特別控除から控除しきれなかった額
    (2)平成26年1月~3月入居の場合…所得税の課税総所得金額等×5%(限度額97,500円)
        平成26年4月~平成29年12月入居の場合…所得税の課税総所得金額等×7%(限度額136,500円)ただし、消費税率が8%または10%の場合に限る。
  • 住宅借入金特別控除の適用を受けるには
    初めて住宅借入金特別控除を受ける方は、税務署へ所得税の確定申告を提出してください。

上場株式等の配当・譲渡所得に係る軽減税率の廃止

上場株式等の配当・譲渡所得に係る税率を3%(市民税1.8%、県民税1.2%)とする特例措置は平成25年12月31日をもって廃止され、平成26年1月1日以降に支払いを受けたものは、平成27年度の市・県民税の計算において、本則税率である5%(市民税3%、県民税2%)が用いられます。

市・県民税の配当割・株式等の譲渡所得割額の変更

上場株式の配当・譲渡所得(源泉徴収選択特定口座)については、市・県民税が所得税と併せ源泉徴収(特別徴収)されています。このため、確定申告は不要とされていますが、納税者の選択で確定申告した場合、翌年度の市・県民税所得割から配当割・株式等譲渡所得割額を税額控除します。

配当割・株式等譲渡所得割額の金額は、確定申告をした場合、平成25年12月31日までは特例措置により3%で徴収された金額でしたが、平成26年1月1日以降に支払いを受けたものからは本則税率が適用されるため5%で徴収された金額となります。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 課税課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1718
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.