• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政の疑問にお答えします > 行政・財政 > 税金 > 税金について(平成23年4月22日更新)


ここから本文です。

税金について(平成23年4月22日更新)

ページ番号 1000220 更新日  平成27年1月25日 印刷

野田市は、道路整備などの公共事業が多いため、市民税が高いと聞いたのですが?

野田市の個人市民税は、地方税法に基づく標準税率を採用していますので、他市町村と税率が異なることはありません。課税される所得金額が同じならば税額が異なることもありません。
また、道路などのインフラは、一度整備すると長い期間使うことができるため、世代間の公平の観点から、納税している現世代だけでなく、後世代にも応分の負担をしていただく考え方で事業を進めています。国や県の補助金を活用することはもちろんですが、あわせて地方債(借入金)を活用することで、現世代が負担する税金によって賄わなければならない一般財源の負担をできる限り低くする工夫をしながら事業を進めています。
当然、後世代の負担が高くならないよう地方債の活用に当たっては、地方債残高を毎年減少させるため、地方債発行額(借入金)が償還元金(返済元金)を上回らない額とすることで、プライマリーバランスの黒字化施策を堅持しています。

固定資産税や都市計画税については、どうですか?

固定資産税についても地方税法に基づく標準税率を採用していますので、野田市と他市町村で税率が異なることはありません。したがって、所有する土地や建物の評価額等の条件が同じならば税額が異なることはありません。
また、都市計画税の税率は、地方税法で制限税率(税率の上限)が定められています。近隣市では0.23%または制限税率の0.3%が採用されていますが、野田市は0.2%の税率を採用しているため、所有する土地や建物の評価額等の条件が同じならば、野田市の都市計画税は近隣市に比べて低いといえます。

年の途中で引越しをした場合、市・県民税はどちらの市区町村に納めればいいのですか。

市・県民税は、その年の1月1日現在にお住まいの市区町村で、1年分が課税されます。そのため1月2日以降に転出された場合であっても、1月1日現在に住所のある市区町村に納めることになります。

年の途中に土地・家屋を売却した場合の固定資産税はどうなりますか。

固定資産税は、その年の1月1日現在の所有者に課税されますので、たとえ年の途中で土地や家屋を売却しても、その年の税金は全額課税されます。年内中に登記が変更になれば、翌年度からは新しい所有者に課税されます。

4月に軽自動車を売却(廃止)したが、5月に納税通知書が届いた。納付は必要ですか。

軽自動車税はバイクを含め4月1日現在の登録者に課税されます。したがってその後に売却等をしても、その年度の税金は納めることになります。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 課税課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1718
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.