• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政の疑問にお答えします > 教育・文化 > 学校教育 > 地域教育プラットフォーム事業について


ここから本文です。

地域教育プラットフォーム事業について

ページ番号 1000056 更新日  平成27年6月17日 印刷

地域教育プラットフォーム事業の概要を教えてください。

野田市では、これまで、学校・保護者・地域が連携・協働し、子どもたちの教育活動を推進するとともに、学校における地域資源の活用、および地域教育力の再生と活性化を願い、学校教育における地域の社会人活用を推進してきました。
具体的には、平成14年度からの学校完全週5日制実施と、当時の学習指導要領の導入に際して、「学力低下に対する懸念」「有意義な土曜日の過ごし方」等保護者の不安の声に対応するため、5つの事業からなる「野田市教育環境整備事業」を独自にスタートさせました。
本事業を通じ、「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」の育成にとどまらず、「地域の子どもは地域で育てる」野田市の教育風土が醸成されたことは大きな成果でした。この教育風土が、平成17年度から取り組んでいる市内の全中学2年生による職場体験学習を中心とした「キャリア教育実践プロジェクト」で600近い地元事業所の協力をいただきました。小学校でも「ゆめ・仕事ぴったり体験」として就業密着観察学習や地域キャリアアドバイザー講演で、地元事業所の協力をいただき、キャリア教育を推進しました。
平成18年度には文部科学省の「新教育システム開発プログラム事業」を受託し、「地域の教育力を理科教育に」の考えで、中学校4校に理科指導助手兼地域教育コーディネーターを配置しました。
平成20年度から、地域と学校との連携・協働を推進するために、市内全中学校区に学校支援地域本部を設置し、地域人材を学校教育に導入してきました。講師として専門的な知識を活かした授業補助や、図書室の整備、樹木の剪定・花壇の整備等で学校支援ボランティアに協力してもらっています。
さらに、平成21年度から市内の公民館において「学校支援ボランティア養成講座」を実施し、講座受講後は本事業のボランティアとして、活動の場を広げてもらっています。
このように地域と学校の繋がりを重点課題とした「地域教育プラットフォーム事業」は、公民館だけではなく、東京理科大学やボランティア連絡協議会等と連携し、地域の教育力を学校教育に効果的に導入し、さらなる発展を目指していきます。

1 学校支援地域本部のねらい

  1. 平成14年度からの取り組み(野田市教育環境整備事業)を通じ醸成された「地域の子どもは地域で育てる」野田市の教育風土を更に発展させ、地域と共に特色のある学校を創造します。
  2. 登下校の安全・安心、インターネットや携帯電話の利用等は学校だけでは解決が難しく、学校が抱えている諸問題を学校・保護者・地域との連携を強化し解決を図ります。
  3. 多くの体験や経験をされた団塊の世代の方々が地域に戻ります。これを機に、団塊の世代の生きがい作りを行う過程で市民協働のまちづくりを目指します。これらは野田市の重点施策「キャリアデザインのまちづくり」、中央教育審議会「新しい時代を切り拓く生涯学習の振興方策」とも合致します。

2 期待される効果

  1. 児童・生徒が地域の方々との触れ合いの増加による「生きる力」の一層の育成
    (多様な知識・経験をもつ大人と子どもが接することにより、子どもの実社会で通用する「生きる力」の育成)
  2. 世代を超えた交流と子どもの健全育成
    (子どもの健全育成、挨拶や礼儀等の社会規範意識の育成)
  3. 地域の方々の知識や経験・技術の活用
    (地域の方々の知識や経験・技術、行事等の伝承)
  4. 地域教育力の高まり
    (教員・子ども・地域の方々との交流の増加や地域全体の教育力の高まり)
  5. 質の高い授業の実現と教員の子どもたちと向き合う時間の増加
    (教員は教材研究や子ども達への対応に、より時間をかけることが可能)

3 学校支援地域本部

(1)市内全11中学校区学校支援地域本部と支援対象学校

第一中学校区学校支援地域本部

第一中学校・中央小学校・柳沢小学校・清水台小学校

第二中学校区学校支援地域本部

第二中学校・宮崎小学校

東部中学校区学校支援地域本部

東部中学校・東部小学校

南部中学校区学校支援地域本部

南部中学校・南部小学校・山崎小学校・みずき小学校

北部中学校区学校支援地域本部

北部中学校・北部小学校・七光台小学校

福田中学校区学校支援地域本部

福田中学校・福田第一小学校・福田第二小学校・二ツ塚小学校

川間中学校区学校支援地域本部

川間中学校・川間小学校・尾崎小学校

岩名中学校区学校支援地域本部

岩名中学校・岩木小学校

木間ケ瀬中学校区学校支援地域本部

木間ケ瀬中学校・木間ケ瀬小学校・関宿中央小学校

二川中学校区学校支援地域本部

二川中学校・二川小学校

関宿中学校区学校支援地域本部

関宿中学校・関宿小学校

(2)地域ルーム

地域ルーム写真1JPG

地域ルーム写真2JPG


地域教育コーディネーターの活動の拠点、支援ボランティア等、地域の方々のコミュニケーションの場として市内の各中学校に整備しました。コンピュータや通信機器、会議用のテーブルなどを整備し、学校支援地域本部の活動拠点としています。

(3)地域教育コーディネーター

学校支援地域本部には、地域教育コーディネーターを配置しています。地域教育コーディネーターは学校の支援要望に応じ、地域の支援ボランティアとの間を連絡・調整を行っています。
また、公民館と連携し、平成21年度から公民館主催のボランティア養成講座を実施し、支援ボランティアの発掘・育成を行っています。さらに、野田市ボランティア連絡協議会とも連携し、支援ボランティアを発掘しています。
平成24年度は、川間公民館で樹木剪定等のグリーンボランティアと施設の修繕等のカーペンターボランティアの養成講座を実施しました。
平成25年度は、中央公民館で樹木剪定等のグリーンボランティアと施設の修繕等のカーペンターボランティア、図書ボランティアの養成講座を実施しました。第一中学校区内の小中学校で活動しました。
平成26年度は、北部公民館でグリーンボランティアとカーペンターの講座に加え、図書ボランティアの講座を実施しました。

公民館と連携 JPG

(4)学校支援地域本部の支援目標

地域人材を教育活動に導入し、学力の向上を支援します。

  • 学習支援(授業補助、補習支援)
  • 図書室の活性化(整備、活用)
  • キャリア教育の推進(職場体験、就業密着観察学習等)

地域の特性を生かした特色ある学校づくりへの対応により伝統文化の継承を支援します。

  • 地域の文化・芸能・行事との相互交流促進

学校教育環境の整備により教育環境の充実を支援します。

(5)活動内容

活動内容を紹介します。

1 地域の教育力・教育資源の学校への導入(わくわく理科、地域人材による特別授業)やキャリア教育の推進をとおして学力の向上をめざしています。

研究所の研究員によるわくわく理科授業写真JPG
研究所の研究員によるわくわく理科授業

小学校6年就業密着観察学習写真JPG
小学校6年就業密着観察学習


2 図書室の環境整備、有効活用を推進し、国語力の向上をめざしています。

図書ボランティアによる図書の貸出 写真JPG
図書ボランティアによる図書の貸出

図書の活用促進を図るための新刊本の紹介 写真JPG
図書の活用促進を図るための新刊本の紹介


3 地域の文化・芸能・行事との相互交流促進により地域の特性を生かした学校づくりを推進しています。

地域・学校での合同行事の開催 写真JPG
地域・学校での合同行事の開催

小・中学生とボランティアによる稲刈り 写真JPG
小・中学生とボランティアによる稲刈り


4 教育環境の整備や授業補助、部活動の補助をとおして教育環境の充実を図っています。

知識や経験を生かした授業の補助 写真JPG
知識や経験を生かした授業の補助

学校花壇の手入れ、樹木の剪定や除草 写真JPG
学校花壇の手入れ、樹木の剪定や除草


ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

学校教育部 指導課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1329
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.