• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政の疑問にお答えします > 教育・文化 > 学校紹介 > 福田第二小学校 > 福田第二小学校 平成25年4月


ここから本文です。

福田第二小学校 平成25年4月

ページ番号 1002425 更新日  平成27年1月29日 印刷

学校概要

野田市立福田第二小学校のイメージ写真

本校は野田市の南東に位置し、利根運河を境に柏市、流山市に隣接していて、平成25年度に創立140年目を迎える伝統ある小学校です。
学区は、西三ケ尾・上三ケ尾・下三ケ尾の3地区からなっていて、地形は、平坦な台地で山林と畑からなっています。雑木林、野草、野鳥の自然が残り代々畑作を続けている農家が多い事も特徴です。
明治7年の開校で、長い伝統は学区住民の誇りと愛着となって受け継がれており、地域ぐるみの協力となって表れています。 学区内に多くの賛助会員がおり、PTA活動・学校行事・奉仕活動等に進んで参加・援助していただいています。
現在、全校児童81名のうち、小規模特認校制度により通学する児童は34名(平成24年5月1日現在)で、学校行事や地域行事を通し、学区内外の保護者同士の交流も図られてきています。

特色ある取り組み

本校の特色の一つである小規模特認校制度とは
児童に少人数での良さを生かした教育を受けさせたい場合、市内の通学区域外からの就学が認められる制度です。

1 少人数教育による指導・支援

野田市立福田第二小学校の写真

1クラス15名程度の少人数であることを生かして、個に応じた指導を行っています。学習では、1年生の時から、担任のほかに算数と音楽を教える講師がいたり、講師を交えた英語活動が行われたりしています。そのほか書き初めや読み聞かせなどでも多くの外部人材をお招きし、学習の充実を図っています。

2 社会性を育む異年齢の縦割り活動

給食の写真

豊かな人間関係を築き、たくましさを身につけるために学級・学年を超えた異年齢活動を活発に取り入れています。学級・学年を超えて遊びや給食、清掃、体育、学校行事などを行い、リーダーシップや思いやりなどを学んでいます。

3 地域との交流

盆踊りの写真

地元三ケ尾と学区外の特認の分けへだてなく、PTA活動が活発に行われています。地域では登下校の児童の安全パトロールや盆踊りなども行われています。また、三ケ尾子ども会活動も活発で、夏のキャンプや冬のスキーなども毎年行われています。そのほか学区の保育園や福祉施設との交流も教育の一環として活発に行われています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

学校教育部 学校教育課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1328
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.