• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政の疑問にお答えします > 教育・文化 > 学校紹介 > 川間中学校 > 川間中学校 平成24年1月


ここから本文です。

川間中学校 平成24年1月

ページ番号 1002511 更新日  平成27年1月29日 印刷

教育目標のポスター

基礎学力を身につけた生徒 思いやりのある生徒 心身共に健康な生徒

野田市立川間中学校の写真

野田市立川間中学校は1年生101名、2年生110名、3年生103名が在籍し、学級数11学級(特別支援学級2学級)の小規模校です。学区が広範囲にわたり、そのため自転車通学の生徒が全校の半数以上います。国道16号線に沿い、校舎の北側には中里工業団地があり、西側には西武台高校と付属中学校があります。学区全体では山林や田畑など自然も多く、静かで落ち着きのある生活環境は生徒にとっても伸び伸びとした気質を与えています。保護者や地域の方々は本校の教育活動に理解を示しており行事等では協力を依頼すると快く引き受けて下さいます。

特色ある取り組み

伝統芸能の写真

1.伝統芸能の継承

川間中学校では3年選択音楽の授業で郷土芸能に取り組んでいます。これは地元中里喜楽会様のご協力を得て、20年以上も続く川間中の伝統になりました。週1回の選択の時間に講師の先生をお招きし、全くの未経験者が半年かけて一つの物語を完成させていきます。お囃子や太鼓、そして獅子やもどきの演技指導に至るまで懇切丁寧に指導して頂きます。はじめは戸惑いながらも次第に腕も上達し、完成した演技は文化祭である「川創祭」、地域行事である「川間ふれあいの広場」、そして「野田市民俗芸能のつどい」といった場で発表します。伝統芸能「獅子おこし」は鑑賞した多くの方々に感動を与えるほどにまで仕上がり、そしてそれを見た後輩たちに次は自分達という意欲と誇りをつないでくれます。

野田市立川間中学校の写真

2.親子ふれあい奉仕作業

「環境教育の一貫として、学校及び学校周辺をきれいにし、自分達の学舎と地域を大切にする気持ちを培う」ことをねらいとし、毎年多くの保護者も参加して実施しています。当日は生徒、保護者、職員が協力して環境美化に汗を流します。本格的な道具を持参して作業にあたる保護者も多く見られ、学校周辺の美化に大変役立っています。

3.キャリア教育

2年生で行われる職場体験学習の事前学習として、1年生では様々な職種でご活躍されている方々をお招きし、講演会を開催します。事前に生徒アンケートを採り、各自の興味・関心をできる限り尊重しつつ、協力して頂ける事業所等を開拓します。昨年は8種の職場でご活躍されている11名の方々の協力を頂きながら当日を迎えることができました。

キャリア教育の写真

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

学校教育部 学校教育課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1328
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.