• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政の疑問にお答えします > 教育・文化 > 学校紹介 > 木間ケ瀬中学校 > 木間ケ瀬中学校 平成20年3月


ここから本文です。

木間ケ瀬中学校 平成20年3月

ページ番号 1002517 更新日  平成27年1月29日 印刷

学校概要

木間ケ瀬中学校は、野田市北部に位置し、田畑が残る自然豊かな地域です。学区内小学校は、野田市立木間ケ瀬小学校、野田市立関宿中央小学校の2校です。
生徒数は382名(平成20年4月9日現在)で、全学年とも4学級で構成される中規模校です。
学校目標は、「学びを大切にし、心身ともに健やかな生徒の育成」とし、・熱意と信頼・生きる力の育成・豊かな心を育てる・開かれた学校づくりを基本姿勢としています。平成20年度からは、野田市の「学校人権教育」の指定をいただきました。その中で、特色ある学校づくりをさらに進めています。
生徒会活動では、生徒会本部及び委員会による「あいさつ運動」、「老人介護施設の訪問」、「車椅子の贈呈」のためのアルミ缶の回収など、生徒の発想を取り入れ、積極的に活動しています。

特色ある取り組み

1 地域人材を活用した「キャリア教育」

1年生では、「職業調べ」や「職業講話会」を通して、地域人材の発掘と共に「働くことの意義」を考えたり、実際に社会人の方から講話していただくことでより一層理解を深めています。
2年生では、11月に地域近隣の約50程度の事業所で5日間の「職場体験」を実施します。冊子を作成し、お礼状を添え、まとめとしています。3年生では、進路開拓に向け、高等学校の先生方を招いた説明会を実施しています。また、小学6年生との連携事業として「中学校体験学習」(仮称)や、後期には「新入生体験入学」として生徒会活動や部活動を紹介し、小学生や保護者・地域の方に木間ケ瀬中学校を理解していただく機会にしています。

2 進化する生徒会活動

生徒会活動の写真

PTA保護者と連携した「あいさつ運動」により、お互いが声をかけ合い、豊かな気持ちで生活を送ります。地域内にある老人介護施設を訪問し、お年寄との触れ合いや会話を大切にしながら、肩もみを中心としたマッサージを実施します。アルミ缶の回収は、目標700キログラムと道のりは厳しいものがありますが、地道に取り組んでいます。生徒会長を中心に、全校集会等を活用し、生徒会活動の理解と協力を呼びかけていきます。


全校集会の写真

全校集会の写真2

3 読書の時間・基礎基本の定着

毎朝10分の「読書の時間」を設け、始業前に落ち着いた気持ちをつくります。また、文書理解が他の教科に与える影響は大きく、学力の向上につながると考えます。全国学力状況調査より本校の実態を把握し、数学に関わる職員を増やし、個に応じた指導ができるようにしています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

学校教育部 学校教育課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1328
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.