• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政の疑問にお答えします > 教育・文化 > 学校紹介 > 南部中学校 > 南部中学校 平成20年9月


ここから本文です。

南部中学校 平成20年9月

ページ番号 1002497 更新日  平成27年1月29日 印刷

学校概要

学校教育目標 活力みなぎる南中生の育成 (自立と貢献)

  1. 意欲的に学ぶ生徒
  2. 仲間を大切にする生徒
  3. 健康増進を図る生徒
  • 本校は、生徒数854名、学級数25と市内で最も大きな規模の学校です。
  • 三本柱:「あいさつ」「歌声」「清掃」の3つを日常活動の中で大切にしています。
  • 平成17年度から19年度には、文部科学省の指定を受け、「学力拠点形成事業」に取り組んできました。全教科において協同学習を取り入れ、生徒の学びを重視した学習を展開し学力向上に取り組んでいます。

部活動の活躍

部活動が盛んで、毎年多くの部活動が市内大会・葛北大会で好成績を収め、県大会等に出場しています。駅伝部は、昨年度の東葛駅伝大会で準優勝し4大会連続で入賞しました。
また、吹奏楽部は、マーチングバンド・バトントワーリング全国大会に7年連続で出場を果たしました。

20年度の記録

  • 陸上部、水泳部、バスケットボール部(女子)、剣道部(男女)、 卓球部(女子)が県大会に出場
  • 陸上部では、800メートルで関東大会、全国大会に出場。
  • 水泳部は、200メートル個人メドレー、400メートル個人メドレー、400メートルリレー、400メートルメドレーリレーで関東大会に出場

特色ある取り組み

1.教育課程の編成

  • 45分授業で週30時間の授業のコマ数を実施し、授業時間増を目指しています。
  • 帰りの会を「学級づくりの基盤」ととらえ30分間とし、生活・学習目標をめぐる生徒の話し合い活動を充実させ、自治力の育成を目指しています。

2.次の4項目をキーワードに、生徒も教師も毎日10分読書をしています。

「みんなで読む」 「毎日読む」  「好きな本を読む」 「ひたすら読む」

3.保護者・地域との連携

(1)地域ボランティアによる剪定作業・梅干し作り

剪定作業の写真

学校の敷地内にある樹木の剪定作業を、地域環境ボランティアの方々が月1回のペースで行っています。
豊富な知識や経験を生かして、剪定作業以外にも花壇の手入れや畑での作物作りにも取り組んでいます。
メンバーは現在19名、子どもたちも作業を手伝い、地域の方との交流の場にもなっています。
また、敷地内には28本の梅の木があり、梅の実を収穫して、南部地区文化女性会の方々のお手伝いで梅干し作りを行っています。

(2)地域行事への参加

地域の青少年健全育成団体の主催行事(あおいそら祭り、南部地区合同体育祭、南子連書き初め大会)に生徒たちが積極的に参加し、地域の人々との交流を図っています。

(3)南部地区少年を非行から守る推進協議会による取組み

あいさつ通りの看板の写真

南部地区の子どもたちを非行から守り、心豊かに、たくましく育てるために、南部中学校を拠点に、学区内の3小学校(南部小、山崎小、みずき小)及び地域の諸団体との連携を図りながら、地域パトロール、四校合同音楽会、あいさつ通りの看板設置など様々な活動を行っています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

学校教育部 学校教育課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1328
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.