• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政の疑問にお答えします > 教育・文化 > 学校紹介 > 関宿中学校 > 関宿中学校 平成19年8月


ここから本文です。

関宿中学校 平成19年8月

ページ番号 1002526 更新日  平成27年1月30日 印刷

学校概要

  • この地域は、利根川と江戸川の交通の要地として、江戸時代は久世家の城下町として発展し、歴史も古く由緒ある寺院が多い郷土色豊かな土地柄である。また、学校の隣の実相寺には鈴木貫太郎の墓がある。
  • 学校開設時より転出入が極めて少なく保護者も本校卒業生が多く、学校の諸活動に対する協力性があり、PTA活動なども盛んである。
  • 生徒数は、平成19年5月1日現在、102名と少なく、学年1クラスの小規模校である。
  • 卒業後の進路については、交通の便の影響で埼玉県や茨城県に進学する生徒の割合が多い。関宿高校との連携型中高一貫教育がスタートしてからは、関宿高校への進学が増えている。

特色ある取り組み

1 小中合同運動会

小中合同運動会の写真

  • 関宿小学校児童及び関宿中学校生徒の体育的活動の実践の公開
  • 発表の場として地域に開かれた学校づくりをしている。
  • 小中学校が合同で実施することにより、小中学校の連携と理解を深めるとともに、児童生徒の交流の機会とする。
  • 地域住民、保護者、小中学校が一体となる地域コミュニティーづくりをめざしている。
    平成19年6月9日  関宿小学校で実施

2 全校宿泊学習

全校宿泊学習の写真

  • 本校教育の特色づくりを推進し、豊かな心を持つ生徒を育成するため、全校生徒による宿泊学習を実施する。また、縦割りのグループ編成を行うことにより、異年齢交流を推進し、円満な人間関係を構築するとともに思いやりの心や仲間を大切にする心、互いに助け合い協力する心等をはぐくむ。

19年度

  • 6月28日、29日:茨城県立さしま少年自然の家
  • 8月24日、25日、26日:国立磐梯青少年交流の家

3 新教育システム開発プログラム事業

わくわく理科授業の写真

  • 平成18年度後期から新教育システム開発プログラム事業により理科指導助手・地域コーディネーターの配置になり、理科授業の活性化だけでなく、学校の特色づくりに向けての推進力になる。
    わくわく理科授業の実施 ふるさと学習(鈴木貫太郎について)

ふるさと学習の写真

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

学校教育部 学校教育課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1328
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.