• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政の疑問にお答えします > 教育・文化 > 学校紹介 > 山崎小学校 > 山崎小学校 平成22年4月


ここから本文です。

山崎小学校 平成22年4月

ページ番号 1002440 更新日  平成27年1月29日 印刷

学校概要

学区は野田市南部に位置し、南側は流山市に接しています。東側は国道16号が通り、学区中央部を南北に抜ける県道野田松戸線と合わせ、車両の通行がとても多くなっています。そのため、開校以来PTAは安全指導に大変協力的で、毎朝の登校指導や下校パトロールを輪番で行っています。
学校隣接地は大半が山林で、その周囲は宅地造成がほぼ終了しましたが、若干の新規住宅建設も見られます。また、学区に東京理科大学があり、大学生の姿も目立ちます。
本校は昭和55年4月1日(野田市立南部小学校より分離)に開校しました。21学級789名でのスタートでした。平成22年4月現在、13学級374名の元気で明るく素直な児童が毎日意欲的に学校生活を送っています。

特色ある取り組み

(1)外部講師による体験学習

野田市立山崎小学校の写真

児童に新鮮な刺激を与えて興味関心を高めるという意味において、外部講師を招いての授業というのは有効な手立てであると考えます。本校では、生活科の時間や総合的な学習の時間に体験学習を設定するように心がけています。昨年度は、5月に「おさかな学習会」を開き、全校生が「お魚の話」「体験タッチプール」「おさかなシャトルショー」を体験しました。6年生は、あじを捌いてお刺身を作りました。自分が切って作ったのでとてもおいしいと喜んでいました。大手食品企業による食育教育を行い食に対する大切さを学びました。4年生は福祉体験学習を通して福祉に対する関心と理解を深めることができました。

(2)フレンドグループ(縦割り)活動

フレンドグループの写真

1年生から6年生までが12グループに分かれて遊んだり、いっしょに給食を食べたり、ミニ遠足に行ったりして交流を図ることによって、お互いをよく知り、励まし合いながら活動できるようになってきています。昨年度は、インフルエンザの流行でミニ遠足を行うことができませんでした。

(3)週1回のロング昼休み

子どもたちが体をたくさん動かしたり、多くの友達と遊んだりする時間を確保するために週に1回45分の昼休みを設定しています。同学年、クラスの友達と縄跳びやサッカー、鬼ごっこなどをしています。また、フレンド活動では、リーダーを中心に1年生から6年生がドッジボールや鬼遊びなどで楽しい時間を過ごしています。

(4)栽培活動

全校児童、教職員、PTA栽培クラブで土づくりから始め、年間約30,000ポット、秋の植え替えで400プランターの草花を育てています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

学校教育部 学校教育課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1328
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.