• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

総合計画とは

ページ番号 1001323 更新日  平成27年8月7日 印刷

総合計画は、市の長期的なまちづくりの方向を示す指針となり、それを実現するための施策を示した市民と行政の目標となるものです。野田市では、平成15年6月の合併後、新市建設計画、旧野田市総合計画及び旧関宿町総合計画の3冊をもって総合計画(新市建設計画)とし、平成27年度(2015年)を目標年次とした長期的なまちづくりの方向を示して、行政運営を行っています。

総合計画の図

注: 野田市総合計画(新市建設計画)は、ホームページ内「各種計画書」からご覧いただけます

現計画は、まちづくり市民100人委員会や地区別・各界別懇談会など、多くの市民参加をもとに策定したものですが、さらに次期計画では、パブリック・コメント手続の実施や、総合計画審議会と分野別の検討組織の委員を市民から公募するなど、より幅広く市民参加をお願いし、皆様の意見をもとに計画を策定していきます。

総合計画審議会とは

野田市では、市の総合計画の樹立、調整、そのほか総合計画の実施に関して必要な調査や審議を行う目的で、総合計画審議会条例を定めて市の附属機関として総合計画審議会を設置します。
野田市総合計画審議会の委員数は、条例により26人以内とされていますが、第1回会議は、学識経験者や各種団体等から推薦された17人と市民公募3人の計20人の委員で開催しました。次回は、後ほど立ち上げる分野別検討組織の代表者6人が加わる予定です。

分野別の検討組織とは

現計画を策定した時には、総合計画審議会を立ち上げる前に、「まちづくり市民100人委員会」で、市政全般について、全員で議論したため、なかなかまとまらず、結局は分科会に分かれて検討したという経緯がありました。今回は、前回の反省点を踏まえ、総合計画審議会で、6つの検討分野を決定していただいた上で、分野別検討組織を立ち上げ、意見や提案等を提言として集約していただく予定です。
また、分野別検討組織のメンバーは全て公募とし、多くの市民の皆様とともに、計画づくりを進めていきます。

策定スケジュール

9月30日に開催した総合計画審議会の第1回会議において、分野別検討組織の検討分野を決定していただきました。今後、メンバーの公募をおこない、12月に第1回目の分野別検討組織による会議を開催する予定です。

策定スケジュールの図

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 企画調整課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1065
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.