• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

第9回分野別検討会議(豊かな心と個性を育む都市)

ページ番号 1001291 更新日  平成27年8月28日 印刷

日時

平成24年5月13日(日曜日)13時30分から15時30分

場所
野田市役所3階321会議室・322会議室
出席者
20名 欠席者:4名 傍聴者:なし

主な配布資料

会議概要

1 本日のプログラムおよび前回会議の振り返り

青木代表のあいさつ後、以下のとおり、代表及び事務局より説明が行われました。

  • 提言書(案)をプロジェクターでスクリーンに映しながら、メンバー全員で確認します。
  • 事務局でパソコンを操作し、代表が説明しながら、趣旨が異なるところがあれば、その場で変更していきます。
  • 最後に提言書を印刷して、メンバー全員に成果として配布し、市へ提出して終了する予定となっています。
  • 15時前後に野田市長の代理として企画財政部長が出席して手渡します。

2 提言内容の確認について

提言書(案)に対するメンバーからの意見

  • 青少年が参加できる場所をつくってはどうか。青少年も必ずメンバーに加えるという形にしていくと、参加することで反映され実現したという意識自体が強くなるので、良いかと考える。
    22ページ「・・募集して下さい。(高校生・大学生にも広げる)手伝います。・・」カッコ部分を追加
  • 6ページ「学ぶ意志はあるが障がいをかかえる子どもたちが高等教育を受けられる学力養成の場を作ることも必要である。彼らの持つ可能性を拓くための環境整備が必要である。」について、発達障がい者は支援学級等があるので、高等教育があると思うがどうか。
    さらにより良いものにしていきたい、という趣旨で提言をしている。
    高等教育に進むための中学、高校での環境整備が必要で、進学したいという子どもたちに対して、現在の特別支援学級とは違う形を提供すべきと思い提言した。
    この提言に関しては、原文の通りとする。

3 提言書の提出

提言書の確認作業を終え、印刷したものをメンバー全員に配付し、青木代表から企画財政部長に提言書を手渡しました。企画財政部長より、メンバーの皆様への感謝の意を表して、以下のとおり挨拶しました。

  • 昨年12月より検討会議を行って頂き、6組織の中で最初に提出頂いた。
  • 今後の予定として、6月末に他の分野もすべてまとめた提言書を製本化し、7月の上旬に分野別の代表者の方に審議会で報告をしてもらう予定である。そちらで了解を頂き、7月中旬に公民館や図書館、市のホームページに掲載する予定である。8月初旬に概要版を作成して、全戸配布し、8月中旬以降に地区別懇談会や各界別懇談会を行う予定である。
  • 野田市として、次期総合計画に対しての意見を隅々まで聞いていくといった1年にしたいと考えている。その中の一つとして受け取らせて頂いた。ありがとうございました。

会議の状況(提言書の取りまとめ)

提言書の確認作業

提言書の確認作業の写真1

提言書の確認作業の写真2

代表から市へ提言書を提出

代表から市へ提言書を提出している写真

提言書の完成を祝して記念撮影

提言書の完成を祝して記念撮影している写真

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 企画調整課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1065
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.