• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

第15回会議(平成25年9月27日開催)

ページ番号 1001316 更新日  平成27年1月30日 印刷

第15回総合計画審議会が、9月27日(金曜日)市役所8階大会議室で開催されました。
前回の第14回から第18回までの5回で骨格案の策定を予定しており、今回の第15回審議会では、市民の方々の意見や審議会での審議等を踏まえ、総合計画の3層構造の「基本構想」部分にあたる骨格案を策定する作業として、人口フレーム、将来都市像の考え方、財政フレーム等についてご審議いただきました。

審議会の写真1
審議会の状況(1)

人口フレーム、将来都市像の考え方、財政フレーム等について以下のような意見が出されました。

人口フレームについて

  •  人口フレームについては趨勢を捉えることが重要で具体的な数字にこだわりすぎてはいけない。

将来都市像の考え方について

  • 総花的なキーワードを並べるだけでは特徴のあるまちづくりの指針にならない。今後15年間重点的に取り組むべき分野、特に市民意見が多かった教育と福祉分野について絞ったものにすべき。
  • 各分野について重要度の差は無い。総合計画である以上すべての分野を包括した形でまちづくりの指針を示すべき。など

財政フレームについて、以下のような意見が出されました。

  • 市が置かれている財政状況は厳しいため、財政フレームを把握したうえで、将来都市像を策定する進め方にしないと、将来都市像を策定しても財源が伴わない絵に描いた餅になる。
  • 今後の財政状況見通しは難しい。15年という長期の計画期間であるのだから、財政フレームは全体計画の一部として把握することとし、それを条件に将来都市像等を制限する必要はない。など

審議会の写真2
審議会の状況(2)

次回の第16回審議会は、10月25日(金曜日)13時30分から市役所8階大会議室で開催します。

配布資料

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 企画調整課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1065
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.