• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

第16回会議(平成25年10月25日開催)

ページ番号 1001317 更新日  平成27年8月28日 印刷

第16回総合計画審議会が、10月25日(金曜日)市役所8階大会議室で開催されました。
第14回から第18回までの5回で骨格案の策定を予定しており、今回の第16回審議会では、市民の方々の意見や審議会での審議等を踏まえ、総合計画の3層構造の「基本構想」部分にあたる骨格案を策定する作業として、将来都市像の考え方、財政フレーム、基本目標・基本方針等についてご審議いただきました。

審議会の写真1
審議会の状況(1)

将来都市像の考え方、財政フレーム、基本目標・基本方針について以下のような意見が出されました。

将来都市像の考え方について

  • 「人のつながりがまちを変える みんなでつくる学びと笑顔にあふれる田園都市」
  • 「人のつながりがまちを変える みんなでつくる学びと笑顔にあふれるコウノトリが舞うまち」
  • 「人のつながりがまちを変える みんなでつくる学びと笑顔にあふれる自然再生のまち」
  • 今後の審議を進めていく中で、上記のうちどれが最適かを決定する。など

財政フレームついて

  • 今後は人口減の時代を迎え、個人市民税はもちろん、固定資産税も不動産流通量が減るため評価が下がり税収が落ち込む。よって、もっと大きく税収が下がるのではないか。
  • 財政事情は先行きが見通しにくく、細かく検証していくとキリがない分野である。財政計画ではなく、市の総合計画策定の財政フレームとして大きくとらえ、その中でどうするかを考える。など

基本方針・基本目標について

  • 分野別テーマ2 基本方針3「心のバリアフリーを基本とした障がい者福祉の充実」は障がい者だけでなく、高齢者や子どもなど市民一人一人にとって大切な考え方である。
  • 基本方針にまとめると、抽象的な表現になり何をしたいのか分からない。大項目の記述を基本に事業を考えた方が分かりやすい。など

審議会の写真2
審議会の状況(2)

次回の第17回審議会は、11月25日(月曜日)13時30分から市役所8階大会議室で開催します。

配布資料

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 企画調整課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1065
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.