• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

第17回会議(平成25年11月25日開催)

ページ番号 1001318 更新日  平成27年8月28日 印刷

第17回総合計画審議会が、11月25日(月曜日)市役所8階大会議室で開催されました。
第14回から第18回までの5回で骨格案の策定を予定しており、今回の第17回審議会では、市民の方々の意見や審議会での審議等を踏まえ、総合計画の3層構造の「基本構想」部分にあたる骨格案を策定する作業として、基本目標・基本方針等についてご審議いただきました。

審議会の写真1
審議会の状況(1)

前回審議会における継続審議事項である将来都市像、及び基本目標・基本方針について以下のような意見が出されました。

将来都市像の考え方について

  • 「人のつながりがまちを変える みんなでつくる学びと笑顔にあふれる自然再生のまち」については、「人のつながりがまちを変える みんなでつくる学びと笑顔にあふれるコウノトリが舞うまち」の「コウノトリが舞うまち」というフレーズで「自然再生のまち」の内容を包括できる。
  • 15年間という長いスパンでの計画なので、コウノトリという固有名詞を将来都市像として入れるのはどうか。
  • 提案されている将来都市像について、「野田」という都市名が入っていないため、「コウノトリ」という固有名詞がないと、どこの市なのか分からない。

基本方針・基本目標について

  • 各基本目標についてそれぞれ、5、6個の基本方針が設定してあるが、方針の数が多いと焦点が定まらない上に、内容が重複する部分も多いため、3個くらいにまとめるべき。
  • 数多くの市民意見を積み上げて、基本方針を5、6個に設定してあり、基本方針から各施策に結び付ける際には、このくらいの数を列記した方が様々な問題提起をできるという意味でもよい。
  • 5、6個の基本方針にまとめると表現が抽象的で、具体的に何をするのか分からない。基本方針にまとめる前の大項目を基本方針とすべき。
  • 基本方針の具体性については、翌年度以降の素案策定の段階で、各基本方針に施策が結び付くのだから具体性にこだわることはない。

審議会の写真2
審議会の状況(2)

次回の第18回審議会は、12月25日(水曜日)13時30分から市役所8階大会議室で開催します。
また、平成26年1月29日(水曜日)14時から第19回審議会を追加で開催します。

配布資料

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 企画調整課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1065
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.