• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

第34回会議(平成27年5月27日開催)

ページ番号 1006177 更新日  平成27年8月28日 印刷

   第34回総合計画審議会が、5月27日(水曜日)市役所8階大会議室で開催されました。
 これまで、総合計画審議会での検討、公募の154人をメンバーとする分野別検討組織での検討、市民アンケート、パブリック・コメント手続や地区別懇談会、各界懇談会など、さまざまな市民参加の取組を経て策定した骨格案を基に、第21回総合計画審議会より、基本計画(施策や主な事業、指標・目標値の設定、重点プロジェクト等)について検討してきました。
 今回の審議会では、これまで議論を重ねてきた基本計画等を取りまとめた総合計画(素案)及び概要版についてご意見を伺いました。

 

第33回審議会状況
第34回審議会の状況

   主な審議内容については、以下のとおりです。

「総合計画(素案)」について

  • 85ページの施策「鉄道や市内バス等の公共交通環境の充実」の「市民等に期待される役割」に掲載されている「東武野田線の複線化への理解と協力」について、複線化する意思を明確にするため「東武野田線の複線化促進への協力」に変更してはどうか。
  • 110ページ以降の各重点プロジェクトの「プロジェクトの推進イメージ」の下段は、プロジェクトを推進することで得られる効果を示す部分であるため、希望的観測や願いを表すよう「・・・したい」等に表現を改めてはどうか。
  • 136、137ページにおいて、「提言のとりまとめ」や「提言書のとりまとめ」など、提言に関する表現が混同しているので、統一すべきである

「総合計画(素案)概要版」について

  • 全戸配布の目的は、より多くの市民に手に取って目を通してもらうことである。文字ばかりでは目を通すどころか手にも取ってもらえないため、イメージ図の挿入などの工夫が必要である。
  • 26、27ページの重点プロジェクトについて、素案に掲載されている「プロジェクトの推進イメージ」の図を挿入してほしい。視覚に訴えることが必要である。
  • 重点プロジェクトについて、イメージ図だけでなく、主な事業も掲載すれば分かりやすいのではないか。
  • 財政に関する数表は、グラフを用いた方が分かりやすいのではないか。
  • 表紙は図を多用するなど工夫し、読み手の興味を引くようにしてほしい。
  • 11ページから25ページにおいて、同じ施策に係る一覧が続けて掲載されている(上段は主な事業、下段は指標・目標値)が、2つの一覧の間に「指標・目標値の設定」という表題を付けることで、より見やすくなるのではないか。

事務局より以下の連絡事項を説明致しました。

  • 次回の第35回審議会は、8月下旬に開催する予定です。日程が決まり次第、お知らせします。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 企画調整課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1065
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.