• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政・市の紹介 > 広報 > 市報のだ > 平成29年6月1日号(第1237号) > 先進的な取り組みとして国の重点モデル地域に採用


ここから本文です。

先進的な取り組みとして国の重点モデル地域に採用

ページ番号 1010663 更新日  平成29年5月29日 印刷

市では、小学校学級担任の事務負担を軽減し、子どもたちと向き合う時間を増やしてもらおうと、学級担任の事務を補助する「小学校学級事務支援員」を4月から市内の全小学校20校に各1人を配置しています。
1日2時間から6時間の勤務で、教材づくりや資料印刷・配布、学級集金業務の補助などの事務をしています。

文科省のモデル事業に採用

文部科学省は、学校現場での業務改善がより一層進むよう、先進的な業務改善に取り組む地域を重点モデル地域として指定しています。
今年度は、野田市が重点モデル地域に選ばれ、「小学校学級事務支援員」の配置事業が実践研究の対象事業となりました。
対象事業は、文部科学省から委託費が支給されるほか、その成果が全国の学校現場に先進事例として発信されます。

事務支援員を配置
学級担任の負担軽減へ

記事の内容に関するお問い合わせ

学校教育課

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 広報広聴課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1068
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.