• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政・市の紹介 > 広報 > 市報のだ > 平成29年6月1日号(第1237号) > ペットのしつけは愛情を持って


ここから本文です。

ペットのしつけは愛情を持って

ページ番号 1010664 更新日  平成29年5月29日 印刷

6月は「動物の正しい飼い方推進月間」

飼い犬や猫などのペットと楽しく過ごすには、飼い主が愛情を持って一生大切にするだけではなく、他人に危害を加えたり、公共施設や他人の敷地を汚したりしないように、正しい管理としつけを行うことが大切です。

ペットの飼育の注意点

ペットを飼うときは、次のことに注意してください。

  1. 動物を飼う前に、世話の方法やかかりやすい病気などを確認し、動物を飼うことのできる環境であるかどうかをよく考える。
  2. 動物に起因する感染症を予防するために注意を払う。
  3. 動物には、迷子札やマイクロチップを付け、飼い主が分かるようにする。
    また、鑑札や注射済票の脱落に備え、首輪に、飼い主の氏名や連絡先、電話番号を書く。
    注:飼い犬は、必ず鑑札と狂犬病予防注射済票を付けることが狂犬病予防法で義務付けられています
  4. 犬は放し飼いをせず、散歩は制止できる方が短い引き綱で行う。
  5. 猫は病気や交通事故などの危険があるため、屋内で飼う。
  6. 飼っている動物の排せつは自宅で行うようにしつけ、ふん尿は飼い主が責任を持って処理する。
  7. 繁殖を希望しない方は、不妊や去勢手術を受けさせる。
  8. 動物は愛情と責任を持って最後まで面倒をみる。
    飼えなくなった場合は、新しい飼い主を探し、見つからない場合でも、絶対に捨てずに、動物愛護センターに相談する。
    注:ペットの殺傷、虐待、捨てる行為などは法律で禁止されています。虐待や捨てることで最大100万円の罰金や、殺傷で最大2年の懲役または200万円の罰金が科せられます
  9. 動物は「命あるもの」であるため、人と動物との共生に配慮して接する。

女の子と飼い犬
正しい飼育方法の講座の利用も

犬の正しい飼い方・しつけ教室

千葉県動物愛護センター(富里市)と同センター東葛飾支所(柏市)では「犬の正しい飼い方・しつけ方教室」を定期的に開催しています。
また、犬・猫の正しい飼い方、犬のしつけ、動物由来感染症などに関して、学校の授業や地元の勉強会などに無料で講師を派遣していますので、千葉県動物愛護センターか東葛飾支所へ問い合わせてください。

記事の内容に関するお問い合わせ

環境保全課
野田健康福祉センター(野田保健所)・電話番号:7124‐8155
千葉県動物愛護センター・電話番号:0476-93-5711
千葉県動物愛護センター東葛飾支所・電話番号:7191-0050
公益財団法人千葉県動物保護管理協会・電話番号:043-214-7814

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 広報広聴課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1068
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.