• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政・市の紹介 > 野田市の紹介 > 野田を知る主な書籍 > 市史編さん担当の刊行物


ここから本文です。

市史編さん担当の刊行物

ページ番号 1004248 更新日  平成29年11月21日 印刷

野田市史・資料編
民俗調査報告書
自然環境調査報告
旧関宿町刊行 町史研究
市史研究
(価格は税込みです。)

市史編さん担当

野田市史・資料編

野田市史・資料編:考古

4,730円

市内で発掘調査が行われた遺跡を中心に、国指定史跡の山崎貝塚をはじめとする70遺跡を厳選し、旧石器時代・縄文時代・弥生時代・古墳時代・古代と中世・近世以降に分類した、遺跡解説120項目を収録。初公開を含め遺構や遺物のカラー図版と写真を多数収録。付録として市内遺跡分布一覧と分布地図(2枚)付き。

野田市史・資料編:古代・中世1

4,520円

第一部の古代は「葛飾郡・相馬郡と古代国家」「桓武平氏と下総国」の2章、第二部の中世は「下河辺氏と下河辺荘」「相馬御厨と相馬氏」「鎌倉府と下河辺荘・相馬御厨」「古河公方の時代」「戦国の争乱」「北条氏と関宿城」「系図・絵図」の7章で構成し、野田市とその周辺に係る史料1,600点以上を収集。市域の関宿城主、簗田氏に関する史料も多数収録。

野田市史・資料編:中世2

3,600円

天正18年徳川家康の関東移封に伴い、市域山崎に入部し、翌年堤台に城を築いたと伝える岡部長盛について祖父・久綱や父・正綱、康綱から長盛まで、関係史料530点を採録した『岡部氏関係史料集』。

野田市史・資料編:近世1

4,490円

関宿藩に関する歴史資料200点以上を収録した資料集。

「関宿藩の大名」「関宿の大名家臣団」「関宿藩の支配と仕組み」の3章で構成。関宿藩主久世家の家譜ともいえる「関藩年譜」4冊や、関宿藩士の家譜である各家の「仕官録」、関宿城の状況や城内の様子をうかがうことのできる史料を収録。

野田市史・資料編:近現代1

4,320円

野田地域(平成15年の関宿町との合併以前の野田市域)と、その周辺に関わる、明治元年(1868)から大正9年(1920)頃までの史料630点を収録した資料集。

「明治・大正期の政治と行政」「醤油醸造業の発展と商工業」「農産業の展開」「教育制度の変遷と町村の教育」「社会と文化」の5編で構成。

民俗調査報告書

1 今上・山崎の民俗

2,690円

今上・山崎地区の社会生活・生業・衣食住・人生儀礼・年中行事・民間信仰・口承文芸等の聞き取り調査の結果を報告

3 大殿井・横内・鶴奉・目吹の民俗

2,690円

大殿井・横内・鶴奉・目吹地区の社会生活・生業・衣食住・人生儀礼・年中行事・民間信仰・口承文芸等の聞き取り調査の結果を報告

4 吉春・谷津・岩名・五木の民俗

2,690円

吉春・谷津・岩名・五木地区の社会生活・生業・衣食住・人生儀礼・年中行事・民間信仰・口承文芸等の聞き取り調査の結果を報告

5 尾崎・東金野井の民俗

2,690円

尾崎・東金野井地区の社会生活・生業・衣食住・人生儀礼・年中行事・民間信仰・口承文芸等の聞き取り調査の結果を報告

6 中里・小山の民俗

2,690円

中里・小山地区の社会生活・生業・衣食住・人生儀礼・年中行事・民間信仰・口承文芸等の聞き取り調査の結果を報告

7 船形の民俗

2,470円

船形地区の社会生活・生業・衣食住・人生儀礼・年中行事・民間信仰・口承文芸等の聞き取り調査の結果を報告

8 上花輪・野田・中野台・清水の民俗

1,540円

上花輪・野田・中野台・清水地区の社会生活・生業・衣食住・人生儀礼・年中行事・民間信仰・口承文芸等の聞き取り調査の結果を報告

9 木間ケ瀬地区の民俗

1,190円

木間ケ瀬地区の社会生活・生業・衣食住・人生儀礼・年中行事・民間信仰・口承文芸等の聞き取り調査の結果を報告

10 二川・関宿地区の民俗

730円

二川・関宿地区の社会生活・生業・衣食住・人生儀礼・年中行事・民間信仰・口承文芸等の聞き取り調査の結果を報告

自然・環境調査報告

野田市古環境調査地質柱状図集

1,020円

野田市史編さん事業で実施した古環境ボーリング調査や、露頭観察の結果を集成した地質柱状図集。炭素年代測定・テフラの同定・貝化石及び微化石の分析等について収録。

旧関宿町刊行 町史研究

関宿町町史研究:創刊号

2,100円

・口絵「内町貝塚出土遺物」

・関宿町の沿革

・史料紹介 内町貝塚出土遺物資料紹介

・史料紹介 柴田家古文書目録

・寄稿 中世戦国期における関宿町関係地名及び簗田氏関係の古文書目録について

・研究論集 関宿町の板碑

・研究論集 関宿関所に関する覚書

・研究論集 近世における関宿城主を中心とした関宿年表-特に徳川実紀を中心に見る関宿城主の覚書き-

関宿町町史研究:第2号

2,100円

・史料紹介 中鶴家古文書目録

・史料紹介 茨城県笠間稲荷神社所蔵文書 関宿関係古文書目録

・寄稿 中世戦国期における関宿古文書目録(追録)

・研究論集 幕末における関宿藩

・研究論集 近世における関宿城主を中心とした関宿年表2-特に徳川実紀を中心に見た関宿城主の覚書-

関宿町町史研究:第3号

2,100円

・口絵 「新発見史料・関宿城絵図面」

・史料紹介 鈴木為輔家古文書目録

・史料紹介 船橋随庵先生水土功績之碑(読ミ下シ)

・史料紹介 新発見史料・関宿城絵図について

・寄稿 中世『簗田氏系図』の覚書

・寄稿 総和町・水海山中敏雄家文書

・寄稿 PL・総和町水海山中敏雄家文書写真 PL1~5

・研究論集 近世における関宿城主を中心とした関宿年表3-特に徳川実紀を中心に見た関宿城主の覚書-

・研究論集 幕末における関宿藩-戊辰後経歴(其の二) -

市史研究

野田市史研究:第7号

1,260円

・座談会(5)「野田を語る」=野田の町と塩せんべい=

・相馬御厨の成立とその前提

・キッコーマンの満州進出と満州における醤油事情について

・茂木延太郎の書簡にみる華麗な人脈

・大正後期における川間村の村風作興構想-染谷亮作村長時代を中心に-

・千葉県北西部地方の守札にみる信仰形態(2) -近世から明治期までの分析-

野田市史研究:第9号

1,260円

・座談会(7)「野田を語る」=たばこ作りあれこれ=

・岩名新屋敷遺跡出土の遺物について

・古河公方・北条氏と国衆の政治的関係-足利義氏の森屋城移座を素材として-

・昭和期の換金作物栽培と野田地方-茗荷軟化栽培と煙草耕作を中心に-

・オビシャ研究史

・下総国葛飾郡船形村山崎兵庫家文書について

・研究レポート 木野崎・新町の地蔵行事について

野田市史研究:第10号

1,260円

・座談会(8)「野田を語る」=どろ祭りの思いで=

・千葉県野田市香取原古墳群

・下河辺合戦と常総の動乱

・下総国葛飾郡清水村渡辺善左衛門家文書について

・町村制施行直後の野田町政

・霞村處士『野田盛況史』(明治三十八年)と宇都宮税務監督局『野田銚子醤油業調査書』について

・研究レポート 明治野田訪客漢詩文集-明治時代野田を詠んだ漢詩文-

野田市史研究:第11号

1,260円

・座談会(9)「野田を語る」=50年前を振り返って=

・野田市上灰毛遺跡の古墳時代集落跡

・摂津源氏と下総国

・下総国葛飾郡尾崎村逆井(平七)家文書について

・福田村長から野田市長へ、そして…-元野田市長新村勝雄氏に聞く-

・昭和期の換金作物栽培と野田地方(2) -茗荷軟化栽培と煙草耕作を中心に-

・千葉県野田市木野崎低地における最終氷期~完新世堆積物の珪藻・花粉分析

野田市史研究:第12号

1,050円

・座談会(10)「野田を語る」=バスで辿る野田の交通=

・野田市木野崎木幡神社表採の縄文土器について

・御家人下河辺氏・幸島氏について

・下総国葛飾郡野田町茂木佐平治家文書について

・選挙分析から見た昭和初期における野田市域と東葛飾郡

野田市史研究:第13号

1,260円

・座談会(11)「野田を語る」=戦後の農業の変遷と農政=

・関東管領山内上杉氏の復活と簗田氏

・下総国葛飾郡今上村 田中吉右衛門家文書目録

・下総国葛飾郡今上村 松本三左衛門家文書目録

・終戦直後に於ける醤油醸造業界の状況と醤油の輸出再開の問題について

・千葉県下の警察組織再編に関する若干のメモ-総司令部G-2文書を中心として-

・千葉県野田市木野崎低地における過去35,000年間の古環境変遷

・研究レポート 一茶が残した謎の年号『美禄』考

野田市史研究:第14号

1,050円

・座談会(12)「野田を語る」=有線放送の果たした役割と盛衰=

・岡部正綱の政治的位置

・寛永期の江戸川開鑿について

・下総国葛飾郡山崎村 望月(伝左衛門)家文書について

・近代野田町教育小史(上)  -野田町の教育家・松山家の人々-

・千葉県野田市櫻木神社の大々神楽面

野田市史研究:第15号

1,260円

・座談会(13)「野田を語る」=発掘ことはじめ-野田地方考古遺跡の発掘調査黎明期-=

・内舎人と東国

・『野田市史 資料編 中世2』補遺

・魚醬及び魚醬油と昭和初期に於ける日本の魚醬油調査について

・近代野田町教育小史(下) -松山隆と同盟休校事件-

野田市史研究:第17号

1,050円

・座談会(14)「野田を語る」=生誕100周年にあたって-童謡作曲家山中直治が残した文化-=

・慶長~寛永期における岡部氏の政治的位置-鍋島氏との取次関係を中心に-

・野田町の石工・杉崎弥八 その1

・史料紹介 『東徼私筆』-幕末 関宿藩士の北海道・樺太紀行-

・研究レポート 「かごめかごめ」野田発祥説を探る

野田市史研究:第18号

1,260円

・座談会(15)「野田を語る」=野田とまんが=

・野田市の板碑

・現野田市域における改革組合村編成と地域

・大正初年、遠藤大治郎家の移転についての二つの史料

・元野田町長中川仲右衛門の日露戦争(一)-旅順要塞の攻防-

・研究レポート 棋士「渡辺東一日記」を読む(一)~名誉九段が見た昭和中・後期の棋界の動き~

・野田市出土黒曜石製遺物の産地推定

野田市史研究:第19号

1,260円

座談会(16)「野田を語る」=野田尋常高等小学校の思い出-松山隆校長時代を中心に-=

・中世野田市域の寺院について

・野田町の石工・杉崎弥八 その2

・鈴木貫太郎日記(昭和二二・二三年)について

・研究レポート 棋士「渡辺東一日記」を読む(二)~名誉九段が見た昭和中・後期の棋界の動き~

・野田市出土黒曜石製遺物の原産地推定(続)

・古奥東京湾岸の貝塚と集落-野田地域における貝塚集落と社会-

野田市史研究:第20号

1,180円

・座談会(17)「野田を語る」将棋 棋士二代 関根金次郎から渡辺東一へ

・関宿合戦の諸段階-佐竹・宇都宮氏の動向を中心に-

・関宿藩牧野家の将軍御成について

・野田町の石工・杉崎弥八 その3

・鈴木貫太郎-その人と生涯-(上)

・研究レポート 棋士「渡辺東一日記」を読む(三)~名誉九段が見た昭和中・後期の棋界の動き~

野田市史研究:第21号

1,260円

・座談会(18)「野田を語る」野田町商店街の今昔

・史料紹介 明治前期の喜多村家

・史料紹介 中川仲右衛門「明治参拾七年三月九日 陣中日誌」

・鈴木貫太郎-その人と生涯-(2)

・野田の七夕まつり-商店街催事から市民祭へ-

野田市史研究:第22号

760円

・久松氏考-関宿城主松平康元の父祖-

・近世野田町の成立と岡部氏

・江戸川における船稼ぎ-今上村を事例として-

・鈴木貫太郎-その人と生涯-(3)

・追悼・田中則雄先生 田中先生と私

野田市史研究:第23号

400円

・下総国下河辺庄築地郷について

・関宿城主松平康元・忠良の生涯と地位・役割 付 松平康元・忠良史料集

・千葉県目吹低地における過去8000年間の珪藻群集変化と古環境変遷

・珪藻遺骸群集から推定される千葉県江川低地における完新世の古環境変遷と海水準変動

・木野崎低地で掘削されたボーリングコアから推定される過去15000年間の古環境変動

野田市史研究:第24号

400円

・関宿城主松平康元・忠良の領域支配

・木野崎河岸の薪炭商、谷口家の動向

・野田町大火(明治四十一年)と地域社会-Y豆腐店復興の軌跡を中心に-

野田市史研究:第25号

390円

・野田の領主簗田氏・季龍周興の花押・印章

・大正期における千葉県野田町の石炭・肥料流通

・史料紹介 日光勤番大名の日光東往還通行-青山家・榊原家の通行記録からみる-

野田市史研究:第26号

400円

・史料紹介 中川文之丞『征露日誌』

・鈴木貫太郎・タカ夫人と「昭和天皇実録」-タカ宛鈴木貫太郎書簡解説として-

・久世氏入部期における関宿城総構内の屋敷配置と空間構成-「世喜宿城之図」の検討を通じて- 

野田市史研究:第27号

420円

・史料紹介「関宿藩諸規式覚書」―茨城県立歴史館所蔵船橋家文書―

・創業期の野田商誘銀行

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 総務課 市史編さん担当
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7125-7802
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.