• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

江戸川

ページ番号 1000821 更新日  平成27年1月30日 印刷

市の西方を流れる江戸川は、江戸時代初期に造られた川で、以前は太日川がもっと西より流れていました。
幕府は江戸やその周辺を水害から守り、新田開発を進めるために、当時東京湾に注いでいた利根川の流れを東に移し、現在の流路としました。
しかし、その後も利根川や渡良瀬川は、洪水のたびに流れを変えたので、新たに旧関宿町から金杉(埼玉県松伏町)までの約20キロメートルを開削し、新川を作りました。
これが現在の江戸川で、正保元年(1644)に竣工したと言われています。
この開削によって、東金野井と西金野井(埼玉県庄和町)、東宝珠花と西宝珠花(庄和町)は両岸に分かれ、地名から当時の様子をうかがわせます。
また、堤防上はサイクリングロードが関宿城博物館から松戸までの間で整備されています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 総務課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1071
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.