• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政・市の紹介 > 野田市の紹介 > 統計情報 > 平成29年工業統計調査


ここから本文です。

平成29年工業統計調査

ページ番号 1010417 更新日  平成29年5月1日 印刷

工業統計調査とは

工業統計調査は、統計法に基づく基幹統計調査として、我が国における製造業を営む事業所を対象に事業所数や従業員数、製造品出荷額、原材料使用額などを調査し、工業の実態を明らかにすることを目的に実施されます。
なお、工業統計調査は例年12月31日を調査期日として実施していましたが、今回の調査から調査期日が6月1日に変更となりました。そのため、ご回答いただく内容は平成28年1月から12月の実績となります。

調査期日

平成29年6月1日

調査の対象

日本標準産業分類に掲げる「大分類E-製造業」に属する事業所(だだし、従業員が3人以下の事業所は除く)

調査の方法

調査は「調査員調査」と「国担当調査」による2つの方法で実施します。

1.調査員調査(主に単独事業所及び新設事業所が対象)

5月中旬から、都道府県知事に任命された調査員が事業所を訪問し、調査票を配布します。回答はインターネットによる方法(今回の調査から対象となった事業所は除く)と紙の調査票による方法のいずれかを選択することができます。なお、紙の調査票で回答する場合には、調査員が直接回収に伺います。

2.国担当調査(主に複数の傘下事業所がある企業が対象)

5月中旬から下旬にかけて、企業の本社等に対し、経済産業省が調査票を郵送します。回答はインターネットによる方法と郵送による方法のいずれかを選択することができます。

結果の公表

調査の結果は、インターネットや刊行物を通じて平成30年2月から順次公表する予定です。

秘密の保護

統計法により、調査員をはじめとした調査関係者には、調査によって知り得たことを他に漏らしてはいけない義務が課せられており、それに違反した場合の罰則も設けられています。また、回答していただいた内容についても、統計を作成する目的以外に使用することは統計法により固く禁じられています。

調査結果の利用

調査の結果は、国や地方公共団体の施策立案の基礎資料として利用されるとともに、民間企業や大学など国民生活の幅広い分野で活用されます。

かたり調査にご注意を

かたり調査とは、行政機関が実施する統計調査であるかのような紛らわしい表示や説明をして事業所や企業の情報を聞き出そうとする行為のことです。
調査員は必ず顔写真入りの調査員証を携帯していますので、不審に思われた場合には回答することなく、行政管理課統計係までご連絡ください。

お問い合わせ

行政管理課 統計係(内線2523、2524)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 行政管理課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1073
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.