• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政・市の紹介 > 職員採用情報 > 研修制度


ここから本文です。

研修制度

ページ番号 1001374 更新日  平成30年5月14日 印刷

 野田市では、人材育成基本方針をもとに、市民のニーズに即応した思考、行動がとれる人材や、新しい時代の流れに対応できる創造力を有する意欲ある人材を育成に取り組んでいます。
 市役所職員として、多くの知識を持ち、市民の問い合わせにも答えられるよう、基本的に若手職員は採用後10年間で3つの職場を経験するようにしています。
 研修制度については、職員の資質向上を図るため、充実した研修制度を確立しています。

  • 職級別研修
    職員の職務遂行に必要な基本的知識、知能、一般教養等を修得する。
  • 課題別研修
    職級に関係なく、職員個々の課題や実務に応じて、職務遂行に必要な能力を修得する。
  • 外部機関派遣研修
    職員を外部の機関、国、地方公共団体、その他機関に派遣し、職務遂行に必要な能力及び知識を修得する。
  • 職員能力開発助成
    職員が自ら能力向上を目的とし、市が指定する通信教育の受講に対して、その費用の一部を助成する。

先輩職員からのメッセージ

企画財政部 財政課 主任主事

研修制度 柴

 私は平成29年度に1年間、千葉県市町村課で派遣研修生として勉強する機会をいただきました。

 研修生は野田市同様に県内の各市町村から派遣されており、さまざまな地域の研修生や県職員の方々と一緒に仕事をできたことは非常に貴重な経験だったと思います。

 市町村課内にはいくつかの部署がありますが、私は主に市町村の財政に関わる部署に配属されました。県内全域の財政に関与するため、市役所の中にいるだけでは知ることのできなかった他市町村の状況などに触れることができ非常に有益なものであったと感じています。

 千葉県庁での1年間の研修と聞くと、大変そうで身構えがちですが県職員の方々は暖かく迎え入れてくださり、また同じ立場の研修生も多くいたため協力し合って充実した1年間を過ごすことができました。

 興味のある方はぜひ、こうした研修制度を積極的に活用いただきたいと思います。

総務部 総務課 主任主事

総務課課主任主事 写真

 平成27年4月より3年間、国土交通省で働く機会をいただきました。ちょうど私の在任期間中に大きな交通政策の見直しがありました。そのプロジェクトチームの一員として、国内外の政策調査・分析、交通インフラ事業の需要予測、そして多様なアクターとの意見調整を経て、政策文書の作成までに携わりました。非常にタフな内容でしたが、役人と事業者からなる混成チームのメンバー全員で、政策発表までを成し遂げました。

 とはいえ仕事ばかり考えていると、体にも精神にもよくありません。帰りにはよく散歩に出かけました。職場は港に近く、散歩するには好都合です。夕方、カゲロウ越しの高層ビル群、その背景に日が沈むころ。1日中にぎやかだった新港埠頭の一帯は、ようやく人影がまばらになり、静けさをとり戻します。運がいいと、大桟橋に大きな客船が停泊しており、船が大好きな私は客船にあいさつするのが儀式でした。海を見ると、水を見ると、心が落ち着きました。

 学びて思わざればすなわち罔し。自ら考える姿勢があれば、国や県などでの研修はとても意義ある経験になると思います。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 人事課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1072
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.