• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 水道部 > 災害対策 > 災害時の備え


ここから本文です。

災害時の備え

ページ番号 1005682 更新日  平成29年10月5日 印刷

ご家庭で災害に備え飲料水を確保しましょう

飲料水は「一人1日3リットル」が必要です。
災害で断水した場合、応急給水までに時間がかかることがあります。災害に備えてご家庭でも水を備蓄しましょう。
清潔な大きめの容器を用意し、空気が入らないように容器の口元いっぱいまで水道水を入れ、フタをします。塩素の滅菌効果により3日間程度飲料水として使用できます。くみ替えた水は、掃除や洗濯などにご使用ください。
お風呂の残り湯は捨てないでおくと、トイレや洗濯用水に役立ちます。

応急給水体制

水道部では、応急対策の環境整備における給水体制の整備として、現在74基の給水用ローリータンクを備えてあります。これにより地震や大規模事故などの災害時には、避難場所として指定している74ケ所のすべてに同容器を配備し給水活動を行うことができます。
さらには、中根配水場及び東金野井浄水場の自己水源(井戸水)を利用した給水ならびに臨時給水所を設置し給水活動を行い、病院や福祉関係施設などには給水車による給水活動を実施します。

災害時における各団体及び民間企業との応援体制

災害時に市の職員のみで対応できないと判断された場合は、必要に応じて協定先に応援を要請することになっています。協定先の水道企業体から、応急給水作業、応急復旧作業等の応援を受けるとともに、流山市上下水道局から、緊急応援給水を受けることになっています。また、民間企業からは、水道施設の応急復旧業務や、レンタル資機材の優先的な提供を受けることになっています。
野田市水道部が協定を締結している団体、協定内容などは以下のとおりです。

なお、野田市管工事協同組合及び関宿管工事協会と「災害時における水道施設復旧等協力に関する協定」を締結しておりましたが、関宿管工事協会が平成29年3月31日付で解散し、野田市管工事協同組合に合併しました。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

水道部 業務課
〒278-0031 千葉県野田市中根324番地
電話:04-7124-5145
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.