• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

絵本が好きな子になって欲しい

ページ番号 1022949 更新日  令和1年6月14日 印刷

赤ちゃんの頃はよく読み聞かせをしていたけれども、文字が読めるようになったし、「そろそろ自分で読ませないと」。そんな思いになったことはないでしょうか。

絵本は、子どもが大人に読んでもらうための本

文字を覚えることを期待して、大人はつい「自分で読む」ことを求めてしまいがちです。けれども絵本は、子どもが大人に読んでもらうための本です。

絵を見つめながら、言葉に耳を傾けるうちに、頭の中で絵が自在に動き出す

主人公と同化して怒ったり笑ったり、勇気を奮い起こしたり、そのような経験ができるのは、読み聞かせがあってこそ。たどたどしい読書は、文字を追うのが精いっぱいで、豊かな心の体験はできません。絵本は心の栄養、さらに子どもが初めて出会う文学でもあります。描かれた世界を丁寧に読んで聞かせ、その魅力を伝えてあげてください。

興風図書館でおはなし会参加者抽選会を開催します

6月15日、16日、22日、23日、29日、30日は、おはなし会の後で抽選会をします。はずれなしなので、全員にプレゼントがありますよ。

おはなし会6月プログラム

6月22日の絵本は「ぺんぎんたいそう」(3歳から)

ぺんぎんたいそうはじめるよ、いきをすってー、はいてー。首をのばしたりちぢめたり、ぺんぎんたちと一緒に体を動かしたくなってきますね。

「えほんの会、すてっぷ1」(3歳以上)は、土曜日の14時30分から14時50分まで。保護者も一緒に参加できますので、どうぞご家族で参加してみてくださいね。

(興風図書館 図書館司書より)

よみきかせイラスト

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 保健センター 子ども支援室
〒278-0003 千葉県野田市鶴奉7番地の4(4階)
電話:04-7125-1134
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.