• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 健康・医療 > 感染症・その他の疾病 > 新型コロナウイルス感染症情報 > 新型コロナワクチン接種について(10月20日更新)


ここから本文です。

新型コロナワクチン接種について(10月20日更新)

ページ番号 1030366 更新日  令和3年10月20日 印刷

ワクチン接種の予約再開について

新型コロナワクチン接種の予約受付は10月で一旦満了していましたが、10月20日(水曜日)8時30分から開始(11月6日から11月28日の予約枠分)します。今回の接種は集団接種会場(野田市文化会館・関宿総合公園体育館)に限定し土曜日・日曜日のみの実施です。2回目分までのワクチンを確保していますのでご安心ください。

お知らせ

1 予約受付状況
 8月6日(金曜日)から12歳以上の全ての方の予約受付を行っています

2 接種券発送状況
 7月21日(水曜日)付けで、全ての対象者に発送済みです
(補足)7月以降に12歳になられた方には、誕生月の翌月に発送します。

7月から9月にかけて国からのワクチン配分が、市のワクチン要望どおりに届かない状況が続き、予約数に対してワクチンが大幅に不足する事態となっており、県内各市に協力を依頼し、現在予約されている方の2回目までのワクチンは確保している状況です。
なお、引き続き市の要望どおりワクチンが国から供給されない状況であることから、今後、ワクチンの供給量や配送日が確定次第、予約枠を拡大してまいります。その際は、改めて市報やホームページでお知らせいたします。
詳細は「65歳未満の方の新型コロナワクチン接種について」を参照ください。

新型コロナワクチン接種予約について

新型コロナウイルスワクチン接種予約サイトはこちらです
https://noda.hbf-rsv.jp/(外部リンク)

新型コロナワクチンコールセンター
0120-701-104(土曜日、日曜日、祝日も受付。8時30分から17時15分まで)

接種券(クーポン券)発送時期

接種券(クーポン券)と接種のお知らせなどを順次発送し、7月21日(水曜日)付けで全ての対象者に発送済みです。

一覧
65歳以上の高齢者の方 4月23日(金曜日)に接種券(クーポン券)を発送しました
64歳から60歳までの方 6月28日(月曜日)に接種券(クーポン券)を発送しました
59歳から40歳までの方

7月12日(月曜日)に接種券(クーポン券)を発送しました

39歳から30歳までの方

7月19日(月曜日)に接種券(クーポン券)を発送しました

29歳から12歳までの方

7月21日(水曜日)に接種券(クーポン券)を発送しました

接種時期

国が定める優先順位にしたがって、接種を行っています。
市内の医療従事者への接種終了後、65歳以上の高齢者の方への接種を5月31日(月曜日)から開始し、順次接種を開始しています。

一覧
65歳以上の高齢者の方 5月31日(月曜日)から接種開始
64歳から60歳までの方 7月3日(土曜日)から接種開始
59歳から55歳までの方 7月18日(日曜日)から接種開始
54歳から40歳までの方 7月28日(水曜日)から接種開始
39歳から12歳までの方 8月9日(月曜日)から接種開始

接種予約に関する問い合わせ内容について

予約受付に関する問い合わせを多くいただいております。主な問い合わせ内容は、次のとおりです。

1.2回目の接種予約は、どのように行うのか
 2回目の接種予約方法は、医療機関ごとで異なります。1回目のワクチン接種後、接種医療機関で2回目の予診票を受け取り、予約方法がどちらになるかご確認ください。
(1)コールセンターまたはインターネットによる予約受付
  1回目の接種日から1週間後に予約が可能となります(例:6月1日に1回目の接種をした方は6月8日から予約可能)。
  市民のみな様が確実に3週間後に2回目の接種ができるよう、2回目接種の「予約日(1回目の接種日から3週間後の日付)」と「医療機関」を固定しております。ただし、時間は選択できますので、予約の際は、空いている時間を指定してください。
(2)1回目に接種した医療機関で直接予約
  

2.予約の確認を行いたい
 インターネットで予約した方は、再度ログインしていただくと、予約内容を確認することができます。

3.予約がいっぱいとなってしまった医療機関の予約は再度できるようになるか
 予約枠の追加時期は、市報、ホームページ、まめメール等でお知らせいたします。

接種券(クーポン券)と同封物

接種券(クーポン券)

接種できる医療機関一覧

野田市では、市民の皆さんが安心してワクチン接種できるよう、身近な診療所やクリニックなどの医療機関でワクチン接種を実施します。
また、市では、かかりつけ医でワクチン接種を受けることを推奨しています。
なお、治療中の病気がある方で、かかりつけ医以外の医療機関でワクチン接種をする場合は、事前にかかりつけ医にワクチン接種を受けても良いか、ご確認ください。

問い合わせ先

市では、3月1日(月曜日)にワクチン接種に関する一般的な問い合わせに対応するため、コールセンターを開設しました。また、接種後の副反応に係る相談など医学的な相談窓口として千葉県のコールセンターが、ワクチン接種施策の在り方に関するお問い合わせ窓口として厚生労働省のコールセンターが開設されています。

野田市新型コロナワクチンコールセンター

相談内容
  • 市のワクチン接種体制等に関する一般的な問い合わせ
  • 接種予約を申し込む場合
  • 接種券が紛失した場合

予約受付をする場合のお願い

  • 市役所にご連絡いただいたり、お越しいただいても予約受付できません。
電話番号

0120-701-104(フリーダイヤル)

受付時間
8時30分から17時15分まで(土曜日、日曜日、祝日も実施)

千葉県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口

相談内容
接種後の副反応に係る相談など医学的な相談
電話番号
03-6412-9326
受付時間
24時間(土曜日、日曜日、祝日含む)

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

相談内容
ワクチン施策の在り方等に関する問い合わせ
電話番号
0120-761770(フリーダイヤル)
受付時間
9時から21時まで(土曜日・日曜日・祝日も実施)

野田市のワクチン接種体制

野田市では、野田市医師会、野田市歯科医師会等にご協力をいただき、市民の皆さんが安心してワクチンを接種を受けられるよう、身近な診療所やクリニック、常設の集団接種で、接種できるよう体制を整備しています。

接種場所

原則、住民基本台帳に登録されている市区町村での接種となります。
野田市では、皆さんのお体の状況をよく分かっているかかりつけ医での接種を推奨しています。

現在、市内60か所の医療機関(高齢者接種は59医療機関)にご協力をいただき接種を進めています。(下記の添付ファイルを参照。個別医療機関のほか、2か所の集団接種を実施しています。)

次のような事情のある方は、住所地以外でワクチンを接種できます。

  • 入院、入所中の住所地以外の医療機関や施設でワクチン接種を受ける場合
  • 基礎疾患で治療中の医療機関でワクチン接種を受ける場合
  • お住まいが住所地と異なる方(単身赴任、下宿、出産のための里帰りなど)

費用

無料となります。

接種の予約方法

新型コロナワクチンを接種するには事前予約が必要となります。
予約方法は、インターネット及び市が設置するコールセンターでの予約受付となります。
市役所や医療機関の窓口に直接来たり、電話しても予約はできませんのでご注意ください。

(注意)野田市のワクチン接種の予約は、市が開設する専用予約サイトまたはコールセンターでの予約となります。医療機関への問い合わせの電話が多くなっておりますので、医療機関へのお問い合わせはお控えいただきますようご理解とご協力をお願いします。

接種する際に必要なもの

  1. 接種券(クーポン券)
  2. 予診票(接種当日に記入したもの)
  3. 本人確認書類(健康保険証、運転免許証、マイナンバーカードなどのうち、いずれか1点)

当日の持ち物

お願い

接種に当たっては、肩辺りに接種するため、肩を出しやすい服装で接種を受けてください。

接種券(クーポン券)を予診票に貼り付けたり、切り離したりせずに、封筒ごと、そのまま医療機関にお持ちください。

2回目の接種が終わるまで、接種券(クーポン券)は大切に保管してください。

接種回数

現在、国が確保を見込んでいるワクチンについては、2回接種となる見込みです。

接種を受ける際の同意の取得

接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。

ワクチン接種を受けられない方について

一般に、以下の方は、ワクチン接種を受けることができません。ご自身が当てはまると思われる方は、ワクチン接種を受けても良いか、かかりつけ医にご相談ください。

  • 明らかに発熱している方(注1)
  • 重い急性疾患にかかっている方
  • ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症(注2)の既往歴のある方
  • 上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある方

注1:明らかな発熱とは通常37.5度以上を指します。ただし、37.5度を下回る場合も平時の体温を鑑みて発熱と判断される場合はこの限りではありません。
注2:アナフィラキシーや、全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状。

ワクチン接種を受けるのに注意が必要な方について

一般に、以下の方は、ワクチン接種を受けるに当たって注意が必要です。ご自身が当てはまると思われる方は、ワクチン接種を受けても良いか、かかりつけ医にご相談ください。

  • 過去に免疫不全の診断を受けた人、近親者に先天性免疫不全症の方がいる方
  • 心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障がいなどの基礎疾患のある方
  • 過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状がでた方
  • 過去にけいれんを起こしたことがある方
  • ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こるおそれがある方

また、ワクチンは筋肉内に注射することから、 抗凝固療法を受けている人、血小板減少症または凝固障がいのある方は、接種後の出血に注意が必要とされています。

妊娠中・授乳中の方のワクチン接種について

妊娠中、授乳中の方も、ワクチン接種することができます。
ただし、妊婦または妊娠している可能性のある女性には、海外の実使用経験などから現時点で特段の懸念が認められているわけではありませんが、安全性に関するデータが限られていることから、接種のメリットとデメリットをよく検討して接種を判断していただくこととしています。
なお、日本産婦人科感染症学会・産婦人科学会からは、「感染リスクが高い医療従事者、重症化リスクがある可能性がある肥満や糖尿病など基礎疾患を合併している方は、ワクチン接種を考慮する」と提言されています。
また、授乳中の女性については、現時点で特段の懸念が認められているわけではなく、海外でも接種の対象とされています。 ワクチン接種を受けるかお悩みの方は、主治医とご相談ください。
海外の動向などについては、添付の資料「妊娠中・授乳中の方について」をご覧ください。

12歳未満のこどもへのワクチン接種について

現在薬事承認されている、ファイザー社のワクチンについては、12歳以上が薬事承認の対象となっています。
また、予防接種法に基づく公費での接種の対象は12歳以上の方です。このため、12歳に満たない方は、ワクチン接種の対象にはなりません。
アストラゼネカ社、モデルナ社のワクチンでは、18歳以上に対して臨床試験が行われており、今後、提出された臨床試験のデータに基づき、接種の年齢が決められます。
接種の対象者は、現時点の科学的知見に基づいて決められています。将来的には、接種の対象年齢が広がる可能性もあります。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

ワクチン接種後に健康被害が生じた場合は、予防接種法に基づく救済(医療費・障がい年金等の給付)を受けることができます。

新型コロナワクチン接種券(クーポン券)の送付先変更・再発行・住所地外接種について

住民票所在地以外に送付を希望する場合

原則、接種券(クーポン券)は、住民票に登録している住所へお送りしますが、住民票所在地以外に送付を希望する場合、「新型コロナワクチン接種券送付先変更届」を提出(申請)することで、送付先を変更することができます。

詳細は、下記リンク先よりご確認ください。

接種券(クーポン券)を紛失してしまった場合

野田市では、接種券(クーポン券)を4月23日に発送しましたが、接種券(クーポン券)を紛失してしまったなど接種券(クーポン券)がお手元にない場合、接種券再発行申請書(新型コロナウイルス感染症)をご提出いただくことで接種権を再発行いたします。

(注)すべての65歳以上の高齢者の皆さんのお手元に届くまで最長5日ほどかかる見込みです。

詳細は、下記リンクよりご確認ください。

野田市に転入した場合

転入された方が野田市でワクチン接種を受けるには、野田市が発行する接種券(クーポン券)が必要となります。新型コロナワクチン接種券発行申請書兼接種記録確認同意書(転入者用)をご提出いただくことで、接種券(クーポン券)を発行いたします。

(注)申請してからお手元に届くまで、最長1週間程度かかる見込みです。
(注)65歳未満の方については、準備が整い次第接種券(クーポン券)をお届けしますので、現時点で申請が不要です。
(注)申請の際は、旧住所の市区町村で発行された接種券(クーポン券)も添付してください。

詳細は、下記リンクよりご確認ください。

住民票所在地以外でワクチン接種を受ける場合

ワクチン接種は、原則、住民票所在地で受けることとなっています。ただし、一定の事情に当てはまる場合、事前に市町村に届け出ることで、住民票所在地以外でワクチン接種を受けることができます。

詳細は、下記リンク先よりご確認ください。

ワクチン接種関係リンク集

ワクチンの詳細については、首相官邸や厚生労働省のホームページをご覧ください。

新型コロナウイルスの便乗詐欺にご注意ください

「ワクチン接種に必要」「優先的に接種できる」など不審な勧誘に関する相談が全国的に相次いでいます。これは、金銭や個人情報をだまし取ろうとするもので、市(行政機関)が金銭や個人情報を電話で求めることは絶対にありません。
今後、便乗詐欺が増えることが予想されます。十分に注意し、困った時は消費生活センターにご相談ください。
また、国民生活センターでは、2月15日(月曜日)の10時より、「新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン」を開設し、フリーダイヤル(通話無料)で、ワクチン詐欺に関する消費者トラブルについての相談を受け付けます。

消費生活センター

電話番号
04-7123-1084
受付時間
10時から正午、13時から16時(平日)

国民生活センター

電話番号
0120-797-188(フリーダイヤル)
受付時間
10時から16時(毎日)

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

新型コロナウイルスワクチン接種対策室
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7125-1111(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.