• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

秋季全国火災予防運動

ページ番号 1012091 更新日  令和4年11月24日 印刷

一日消防署長による火災予防啓発活動

「119番の日」である11月9日から15日まで「お出かけは マスク戸締り 火の用心」を全国統一標語に、秋季全国火災予防運動が実施されました。これに伴い、令和4年11月9日(水曜日)防火ポスター展で最優秀賞を受賞した野田市立岩木小学校6年生の齋藤 紬さんに一日消防署長を委嘱し、市役所庁舎前にて防火意識の高揚を図るため、火災予防の呼びかけや防火放送、啓発品の配布などの火災予防啓発活動を実施しました。

冬が近づくにつれて空気が乾燥し、暖房器具の使用も始まることから、火災が発生しやすい時季を迎えます。
一人一人が、日常生活の中で火災予防を意識し、実践していくことが、火災を未然に防ぐために大切であり、火災が発生した場合にも被害を最小限にとどめ、火災から尊い命と貴重な財産を守ることにつながります。

住宅での防火には、火の取扱いや後始末など、火災予防の4つの習慣や6つの対策のポイントを心掛けてください。

4つの習慣

  1.  寝たばこは絶対しない、させない
  2. ストーブの周りに燃えやすいものを置かない
  3. こんろを使うときは火のそばを離れない
  4. コンセントはほこりを清掃し、不必要なプラグは抜く

6つの対策

  1.  火災の発生を防ぐために、ストーブやこんろ等は安全装置の付いた機器を使用する
  2. 火災の早期発見のために、住宅用火災警報器を定期的に点検し、10年を目安に交換する
  3. 火災の拡大を防ぐために、部屋を整理整頓し、寝具、衣類及びカーテンは、防炎品を使用する
  4. 火災を小さいうちに消すために、消火器等を設置し、使い方を確認しておく
  5. お年寄りや身体の不自由な人は、避難経路と避難方法を常に確保し、備えておく
  6. 防火防災訓練への参加、戸別訪問などにより、地域ぐるみの防火対策を行う

一日消防署長

一日消防署長

一日消防署長

一日消防署長

たばこ火災に注意・放火されない環境づくり

野田市の令和3年中の火災発生件数は28件で、火災原因の上位は「たばこ」が4件、「放火、放火の疑い」が3件、「枯草焼き」が3件となっています。

たばこ火災に注意

受動喫煙に対する意識の向上や建物内の全面禁煙化の推進などを背景として、ベランダ、バルコニーが出火箇所とされる「たばこ火災」が増加傾向です。

  • 喫煙する際は、あらかじめ水の張った灰皿を用意し、吸殻は完全に消火する
  • 灰皿に吸殻を貯めず、普通ごみとは分別してこまめに捨てる
  • 風の強い日は、たばこの火種が飛んで火災になる危険性があるためベランダ、バルコニー等で喫煙しない
  • ベランダ、バルコニー等で喫煙する際には、周囲に可燃物がないことを確認する

全国においても、過去数年間にわたり、「放火・放火の疑い」が火災原因の上位となっています。放火火災は、人の行為によるものですが、放火されにくい環境づくりで防ぐことができる場合もあります。地域で放火防止に取り組んでいただくとともに、次のことに注意してください。

  • 夜間、建物の周囲や駐車場は、照明を点灯して明るくする
  • 門扉、倉庫、車庫などには鍵を掛ける
  • 車やバイクのボディーカバーは、燃えにくいものを使う
  • ごみは収集日の朝、指定の場所に出す

住宅用火災警報器は設置してから10年を目安に本体の交換をお勧めします

野田市では、平成18年から新築住宅へ設置が義務付けられました。また、平成20年6月には設置の猶予期間が満了し、既存の住宅を含む全ての住宅に設置が必要となりました。ご自宅に設置から10年を経過する住宅用火災警報器はありませんか?
住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで火災を感知しなくなることがあるため、10年を目安に本体の交換が推奨されています。
注:住宅用火災警報器は電池を交換しても他の部品の劣化が考えられるため、本体の交換をお勧めします。

住宅火災用消火器も

初期消火が行われた時に、最も多く使用されているのは消火器です。大都市圏の消防本部のデータによると、初期消火で消火器を使用した場合、約8割近くが成功しています。万が一火が出てしまった場合、消火器を使用した初期消火が大変効果的です。

防火ポスター展の開催

防火ポスター展

防火ポスター展を11月9日(水曜日)から11月15日(火曜日)まで、市役所1階ふれあいギャラリーで開催しました。

防火ポスター展 最優秀賞
「防火ポスター展」最優秀賞 野田市立岩木小学校 齋藤 紬さん

記事に関する問い合わせ

消防本部予防課・電話番号:04-7124-0114

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

消防本部 予防課
〒278-0005 千葉県野田市宮崎126番地の2
電話:04-7124-0114
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.