• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > お知らせの一覧 > 生活環境(ごみ・環境・消防など) > 平成26年生まれのコウノトリが死亡しました


ここから本文です。

平成26年生まれのコウノトリが死亡しました

ページ番号 1033776 更新日  令和4年1月19日 印刷

1月1日(土曜日)に野田市で2014年(平成26年)に誕生したメスの個体「アカリ」の死亡が兵庫県立コウノトリの郷公園にて確認されました。

「アカリ」は、ソフトリリースによる放鳥ができなかった場合、ハードリリースとして放鳥するために馴化訓練(放鳥後の飛翔訓練)を目的として、兵庫県立コウノトリの郷公園にご協力をいただき預けていました。

同園によると、12月末に食欲がない様子が見られたため、検疫棟に入院させ、投薬等を実施していましたが、1月1日に死亡を確認したとのことです。その後、同園による病理解剖において、腸炎を患ったことが原因であることが確認されました。

野田市における放鳥方法

ソフトリリース

野田市こうのとりの里にて、ふ化し巣立ちしたコウノトリを、飼育しているケージの屋根ネットを開けて放鳥する方法(野田市が放鳥している方法)

ハードリリース

馴化(じゅんか)訓練が可能なケージで訓練を行ったコウノトリを、輸送箱で放鳥地点まで輸送し、箱を開けて放鳥する方法

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

自然経済推進部 みどりと水のまちづくり課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1195
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.