• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政・市の紹介 > 広報 > 市報のだ > バックナンバー > 平成27年度 > 平成27年12月1日号(第1201号) > 年末の防犯体制の強化に防犯組合が市内一斉パトロール


ここから本文です。

年末の防犯体制の強化に防犯組合が市内一斉パトロール

ページ番号 1007108 更新日  平成27年11月20日 印刷

12月12日から19日まで17支部が警察や市と連携し巡回

今年は、自主防犯組織による定期的なパトロールや声かけ運動の結果、市内の犯罪発生件数は昨年に比べ減少しました。しかし、年末は、人の動きが慌ただしく犯罪が起きやすい時期となることから、野田市防犯組合では、12月12日から19日の間、17の支部と市、野田警察署が連携し、市内全域で「防犯組合年末一斉パトロール」を行います。

今年は、地域の皆さんと市や警察が連携し、さまざまな防犯活動に取り組み、10月末現在で1,318件と、昨年の1,371件よりも減少傾向にあります。
しかし、これから年末に向けては、空き巣や忍び込みなどの侵入盗、街頭犯罪では車上狙いが多く発生する時期になります。
また、人の動きが慌ただしく、支払いや買い物の機会が増え、お金の動きがいつもより多くなり、犯罪に遭いやすい時期であることから、防犯組合では、市や野田警察署と連携し、「防犯組合年末一斉パトロール」を12月12日から19日まで行います。

定期的なパトロールで窃盗の犯罪件数が減少

野田市が平成16、17年度に警察庁の「地域安全活動パイロット地区」に指定されたことを受け、一部の地域では、市民による自治会単位の自主防犯組織が設立され、定期的なパトロールや声かけ運動などに取り組んでいただきました。
その結果、市内の窃盗犯の件数が減少したことから、市は全市域で自主防犯組織の設立を支援しました。
現在は、自治会地区連合会を単位とする17支部で計321の自主防犯組織が組織されています。
なお、各地区で定期的に防犯パトロールを実施していただいた結果、昨年の市内の犯罪発生件数は1,835件で、25年の2,157件から322件減少しました。

17支部約2千人が市内を一斉パトロール

パトロールは、17の支部ごとに時間や集合場所、実施方法などを決め、市内全域の主要な道路から路地まで、総勢約2千人が参加して見回る予定です。市と警察も各支部のパトロール時間に合わせて、青色回転灯搭載車両と警察車両によるパトロールを実施します。

少しの時間の不在にも必ず施錠などの防犯対策を

空き巣狙いは、昨年同期比で24件増です。侵入に5分以上かかる場合、約7割が侵入をあきらめるといわれています。
防犯対策には、ごみ出しなど短時間でも不在にする際や、在宅時でも玄関や人のいない部屋の窓は必ず施錠してください。
また、1つのドアに2つの鍵を付けることが基本ですが、防犯性能の高い鍵を使うとさらに効果的です。
車上狙いは、市内で10月末時点で105件発生しています。自動販売機や店舗などに短時間立ち寄るときも必ず施錠し、車内に現金や貴重品などを置いたままにしないでください。
犯罪から身を守るためには、一人一人がもう一度、防犯対策を見直し、必要な対策をしっかり行うことが大切です。

北部まめばんで身の回りの防犯相談を受付

なお、イオンタウン野田七光台付近(七光台小学校正門前)に設置している北部安全安心ステーション(北部まめばん)では、空き巣や車上狙いなど身の回りの防犯に関する相談を受け付けています。
相談員は、駐在する元警察官です。相談は、直接窓口にお越しください。

受付時間

14時から19時まで・無休

記事の内容に関するお問い合わせ

防災安全課
北部まめばん・電話:7129-8877

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

PR推進室
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7199-2090
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.