• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政・市の紹介 > 広報 > 市報のだ > バックナンバー > 平成30年度 > 平成30年9月1日号(第1267号) > 介護予防10年の計 高齢者の通いの場「えんがわ」への補助や「サポート企業」の登録も


ここから本文です。

介護予防10年の計 高齢者の通いの場「えんがわ」への補助や「サポート企業」の登録も

ページ番号 1017443 更新日  平成30年8月30日 印刷

市では、団塊の世代がすべて75歳以上になる平成37年になっても高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、昨年から「介護予防10年の計」に取り組んできました。9月からは通いの場である「えんがわ」や介護予防に市と協力して取り組んでいただく「介護予防サポート企業」の登録を開始します。

市では、従来の介護予防事業を刷新し、昨年から「介護予防10年の計」として、

  1. シルバーリハビリ体操
  2. のだまめ学校
  3. えんがわ
  4. 市民ボランティア
  5. 介護予防サポート企業
  6. 広報戦略

の6つを柱とした介護予防知識の向上に取り組んでいます。

えんがわ

9月3日(月曜日)から受付を開始する「えんがわ」は、介護予防や孤立防止のために高齢者が歩いて通える距離に、お茶会や体操、趣味を楽しめる場所をつくる事業です。
法人や個人のほか、自治会や地区社会福祉協議会などの団体が「えんがわ」を設立・運営するにあたり、市は開設費用(初年度50,000円)や運営費用(原則開設年度から3か年に限り年50,000円)を補助します。
今後10年間で40か所の開設を目指し、普及啓発を進めていきますので、開設の際は相談してください。

介護予防サポート企業

「介護予防サポート企業」の受付も、9月3日(月曜日)から開始します。
民間企業の力を活用し、介護保険事業費の支出を伴わない介護予防を目指します。
介護予防に役立つ取り組みを行う企業に、事前登録していただき、市と協力しながら介護予防事業を行っていただくものです。
サポート企業に登録していただくと、企業名を市ホームページで公表するほか、介護予防事業を行う際には、「介護予防10年の計」や「介護予防サポート企業」の名称とロゴが使用できます。
サポート企業の施設では、のだまめ学校やシルバーリハビリ体操などの市の事業の開催場所の提供、施設内へのリーフレットやポスター掲示にご協力いただきます。

記事の内容に関するお問い合わせ

介護保険課

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

PR推進室
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7199-2090
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.