• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政・市の紹介 > 広報 > 市報のだ > バックナンバー > 令和2年度 > 令和3年1月1日号(第1323号) > 郷土博物館が国の登録有形文化財に


ここから本文です。

郷土博物館が国の登録有形文化財に

ページ番号 1029869 更新日  令和2年12月24日 印刷

郷土博物館が令和2年11月20日、国の登録有形文化財になることが内定しました。
同館は日本武道館や京都タワーの建築に携わった日本を代表する建築家・山田守が設計した鉄筋コンクリート2階建ての建造物で、昭和34年(1959年)、県内初の登録博物館として開館しました。
外観は正倉院の校倉造をイメージしたモダニズム建築に連なるシンプルな意匠が特徴とされ、内部は吹き抜けで自然光を間接的に取り込むなど、環境設計も秀逸であり、「造形の規範となっているもの」と評価されました。

郷土博物館の内部の写真
洋風建築のようなインテリアも特徴

郷土博物館の外観写真
校倉造と高床式から着想した独創的な外観

記事の内容に関するお問い合わせ

生涯学習課

関連情報

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

PR推進室
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7199-2090
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.