• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

高齢者の交通安全

ページ番号 1005108 更新日  平成29年1月31日 印刷

急速に進んでいる高齢化社会は交通安全にも大きな影響を与えています。交通死亡事故の割合を見ても、多くの高齢者の方が被害に遭われています。

皆さんは、普段の生活の中で、散歩や買い物に出掛ける際にどれだけ交通安全について意識しているでしょうか?

「地元の道には詳しいし、通いなれた道だから大丈夫」

「今までに事故には遭ったことはないから大丈夫」

しかし、実は近年、高齢歩行者の交通死亡事故は自宅から500メートル以内で発生することが多くなっているのです。

ここでは、交通事故の全死者数のうち5割以上が高齢者の方だという現実を踏まえ、交通事故を未然に防ぐためにはどうしたらいいか、次の点に注意しましょう。

交通事故を未然に防ぐには

歩行者の交通事故防止策

安全確認の習慣化

通い慣れた道だからと油断することなく、車に十分注意し、横断歩道等、道路を横断するときは、必ず一旦止まって車が来ないことを確かめる習慣を身につけることが必要です。また、青信号であっても「車が止まってくれるだろう」と思い込むのは大変危険です。自分の目で必ず確認しましょう。

道路の正しい渡り方や交通ルールを守りましょう

  • 道路では右側歩行をし、遠回りでも信号機のある場所や横断歩道を渡りましょう。斜め横断は道路内の歩行時間が長くなり、ドライバーは歩行者との距離感がつかみにくくなるので、大変危険です。
  • 道路を横断するときは、特に横断の後半は左側からの車に気をつけましょう。
  • 早朝や夕方、薄暮時や夜間の通行には、明るい場所を選び、明るい色の服装と反射材を身につけましょう。反射材は、100円ショップ、ホームセンター等で購入できます。

高齢者反射材

自転車利用者の交通事故防止策

  • 自転車は車道の左側を通行することが義務づけられていますが、70歳以上の方は、歩道を通行することができます。ただし、歩道を走行する際は、歩行者が優先です。歩道では車道寄りを走行してください。
  • 道路を横断するときは、横断歩道や自転車横断帯を渡りましょう。
  • 急な進路変更や道路横断は、車の運転手が予測できません。大きな事故につながるので、絶対に行わないでください。
  • 早朝や夕方、薄暮時や夜間に自転車に乗るときは、明るい色の服装と反射材を着用し、自転車にも反射材を付けて目立たせるとともに、自転車は必ずライトを点灯しましょう。

斜め横断自転車ライト

高齢運転者の交通事故防止策

高齢運転者の方は、年齢を重ねることで、身体機能及び視力、聴力の低下や運動能力が衰え、安全不確認、判断の誤りや操作の遅れ等の事故につながっています。高齢運転者標識(高齢運転者マーク)を付け、速度と車間距離に注意して安全運転を心掛けましょう。

また、運転前には体調を確認し、持病や服薬の状況によっては、運転を差し控えることも大切です。

  • 高齢ドライバーの方は、交通安全講習会、運転適性検査等を積極的に活用して、機会があるたびに自分の身体能力をチェックして無理な運転は控えましょう。
  • 70歳以上のドライバーの方は、車に高齢運転者マークを付け、シートベルトを確実に装着し、目を動かすだけでなく、顔を向けたり体を使っての安全確認と安全な速度での運転をお願いします。
  • 夜間の運転は、距離感や速度感がつかみにくく、歩行者や自転車、標識などの見落としや誤った判断が多くなります。早めのライトの点灯と、より安全な速度での運転を心掛けましょう。
  • いつもの道だから大丈夫だと思わずに、安全は自分の目で確認しましょう。
  • 左右の道路からの車両、左折するときの歩行者や自転車の巻き込みには、特に注意が必要です。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 市民生活課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1083
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.