• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 福祉・介護 > 高齢者 > 認知症施策 > 認知症サポーター養成講座


ここから本文です。

認知症サポーター養成講座

ページ番号 1010795 更新日  平成29年7月28日 印刷

野田認知症サポーター2万人プロジェクト

野田市認知症サポーター2万人プロジェクトの画像

認知症は誰でもなる可能性がある病気です。超高齢社会の現代において、認知症の課題は、認知症の人や家族だけでなく、地域全体で考えていくことが大切です。

野田市では、認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らせるまちづくりを目指し、市内で2万人の認知症サポーターを養成することを目指しています。

講座の申込方法

1.個人向け

個人を対象に、下記の日程で講座を開催しますので、各問い合わせ先に、お申し込みください。

認知症サポーター養成講座開催日程

日時

場所

定員

問い合わせ先

平成29年7月24日(月曜日)13時30分から15時50分まで

保健センター3階大会議室

80人(事前申込、先着順)

野田市介護保険課

野田地区地域包括支援センター・電話:04-7125-1111(代表) 

平成29年8月22日(火曜日)13時30分から15時30分まで

保健センター4階408会議室 20人(事前申込、先着順)

野田市介護保険課

野田地区地域包括支援センター・電話:04-7125-1111(代表)

2.団体の方向け

開催希望日の二か月前までに、最寄りの地域包括支援センターにお電話またはファクスにてお申し込みください。最寄りの地域包括支援センターの連絡先については、次の資料をご確認ください。

認知症サポーターとは

認知症サポーターとは、認知症を正しく理解し、認知症の方とそのご家族を温かく見守る応援者です。

サポーターとしてなにか特別な活動をすることはありません。ちょっとした見守りや手助けなど、できる範囲で取り組みます。

講座を修了された方には、認知症の方を支援するサポーターのしるしとして「オレンジリング」を差し上げます。

オレンジリングの画像

講座の内容は基礎知識や対応など

認知症サポーター養成講座は、認知症の基礎知識や対応方法、サポーターとして何ができるかなどについて学びます。時間は、概ね60分から90分までで、費用は無料です。

講師はキャラバン・メイトが務めます

認知症サポーター養成講座は、キャラバン・メイトが講師役となります。キャラバン・メイトとは、自治体等が実施する養成研修を受講・修了した専門職の方などです。原則としてボランティアの立場で行います。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 介護保険課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1353
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.